茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県埋蔵文化財センター「日立市立田尻小学校で出前授業」

フォトニュース

県埋蔵文化財センター「日立市立田尻小学校で出前授業」

 

 

古墳時代の説明
▲古墳時代の説明

 

縄文土器
▲縄文土器


ミミズク土偶
▲ミミズク土偶

 

令和2年9月8日掲載

 

 8月27日(木曜日)、日立市立田尻小学校で6年生88名を対象に、社会科の歴史学習の出前授業を行いました。

 

 子どもたちは職員による縄文時代から古墳時代の説明を真剣に聞いていました。また、「恐竜がいた時代はいつですか」「茨城県には石鏃(せきぞく)はでたのですか」「邪馬台国はどこにあったのですか」など、質問が次々あがり、とても活発な授業となりました。

 

 実際に縄文土器や弥生土器に触れたときには、「縄文土器がすごく重かった」「弥生土器がすごく薄くて驚きました」という声を聞きました。また、「縄文時代が1万年以上も続いていた事を初めて知りました」「土偶の顔がとてもよくできていて、かわいかった」という感想がでました。

 

 授業後には「また、土器を見せてください」と言って、慎重に異形台付土器に触れたり、黒曜石をじっくりと見つめたりする子どもたちの姿がとても印象的でした。

 

   弥生土器

   ▲弥生土器

   

   異形台付土器

   ▲異形台付土器

 

お問い合わせ

〒311-4325 茨城県東茨城郡城里町北方1481 茨城県埋蔵文化財センター

電話 029-289-3300  FAX 029-289-4545

E-mail isekipia@pref.ibaraki.lg.jp