茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県埋蔵文化財センター「ひたちなか市立長堀小学校で出前授業」

フォトニュース

県埋蔵文化財センター「ひたちなか市立長堀小学校で出前授業」

 

 

職員の説明を熱心に聞く子どもたち
▲職員の説明を熱心に聞く子どもたち

 

注口土器「これが縄文時代のやかん」
▲注口土器「これが縄文時代のやかん」

 

縄文土器に触れる様子
▲縄文土器に触れる様子

 

令和2年7月22日掲載

 

 7月15日(水曜日)、県埋蔵文化財センター「いせきぴあ茨城」が、ひたちなか市立長堀小学校6年生112名を対象に、出前授業を行いました。

 

 最初に職員が「縄文時代は1万数千年続いたとても長い時代、世界で一番古いと言われているのが、縄文土器です」と説明すると、子どもたちからは驚きの声が上がりました。また、その後の説明にも子どもたちは、熱心にメモをとりながら聞いていました。

 

 実際に縄文土器に触れた子どもたちからは、「数千年前に今のやかんと同じような形のものを使っていたのがすごいです」「耳飾りの模様がすごく細かい」という声が聞こえました。子どもたちからは、「縄文時代の料理はどのようなものでしたか」という質問がでました。

 

 最後に、「縄文時代は争いがなく平和だったことを初めて知りました」という感想があり、「たくさんのことを詳しく教えてくれてありがとうございました」という感謝の言葉をいただきました。

 

 

   弥生土器をていねいに持ち上げる様子

   ▲弥生土器をていねいに持ち上げる様子

 

お問い合わせ

〒311-4325 茨城県東茨城郡城里町北方1481 茨城県埋蔵文化財センター

電話 029-289-3300  FAX 029-289-4545

E-mail isekipia@pref.ibaraki.lg.jp