茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立鉾田第二高校「和菓子職人さんによる製餡実習授業」

フォトニュース

県立鉾田第二高校「和菓子職人さんによる製餡実習授業」

 

 

小豆の特徴を学ぶ
▲小豆の特徴を学ぶ

 

餡子(あんこ)を炊いている様子
▲餡子(あんこ)を炊いている様子

 

餡子(あんこ)粗熱を取る作業
▲餡子(あんこ)粗熱を取る作業

 

令和2年7月14日掲載

 

 7月6日(月曜日)、鉾田第二高校2年食品技術科の製菓・製パンコースの授業において、和菓子職人(茨城県菓子工業組合)を講師にお招きして製餡実習授業を行いました。


 食品技術科では、令和2年度から茨城県菓子工業組合のご協力により講師を派遣していただき、和菓子の実習を8回にわたり行います。生徒にとって日本の伝統文化である和菓子について学ぶ、よい機会となります。和菓子は、年中行事や四季との結びつきも強いので、味だけではなく視覚的な美しさや季節感を感じられる実習を実施していきます。


 参加した生徒たちからは、「豆の種類から始まり、豆の炊き方や粒餡の炊き方までくわしく教えていただきました。手作りの大変さや難しさを職人さんから学ぶことができ、とてもためになりました。次回の実習も楽しみです」「プロの職人さんの作業を間近で見ることができ、しかも作業工程ごとにプロのコツを教えていただき、うれしいのと同時にとても勉強になりました。今回の実習で和菓子が今まで以上に好きになり、家でも作りたいと思いました」「国産と外国産の小豆の違いや小豆の煮汁で赤飯の色づけするなど材料の小豆についても学ぶことができました。また、餡子の作り方など考えたことがありませんでしたが、実習を通して一つ一つの工程の意味を知り、大変手間のかかる作業があることがわかり、勉強になりました。職人さんのすごさを強く感じた実習でした」などの感想がありました。

 

 今後は、和菓子職人の他に、パティシェやフードコーディネーターを講師として招聘し、より専門的な実習を計画しています。

内容に関するお問い合わせ
学校名 鉾田第二高校
連絡先 0291-33-2171

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp