茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 令和2年度開校県立附属中学校が「地域の魅力発見!遠隔de5校交流」を実施

フォトニュース

令和2年度開校県立附属中学校が「地域の魅力発見!遠隔de5校交流」を実施

 

 

下館一附属中の発表の様子
▲下館一附属中の発表の様子

 

竜ヶ崎一附属中の発表の様子
▲竜ヶ崎一附属中の発表の様子

 

他校の発表を聞く生徒
▲他校の発表を聞く生徒

 

令和2年6月3日掲載

 

 5月28日(木曜日)、今春開校した5校の県立附属中学校の生徒2名ずつ、計10名の生徒が、「地域の魅力発見!遠隔de5校交流」を実施しました。生徒たちは、全員に貸与されている端末を使い、遠隔教育システムで自宅や学校から参加しました。

 

 下館一高附属中の生徒は、筑西市の自然や産業について調べ、「桜川のサクラ」や「地域経済」をテーマに地域の魅力や課題を発表しました。意見交換の場面では、鹿島高附属中の生徒から、「分かりやすく説明していて、筑西市に行ってみたいと思った」という感想が寄せられました。また、竜ヶ崎一高附属中の生徒は、「今、気になること」をテーマに自分の考えを発表し、鉾田一高附属中の生徒から「項目をグループ化し、グラフを用いた点が良かった」との意見が出されました。

 

 5校が遠隔で交流したことについて、太田一高附属中の生徒からは、「自分が知らない土地の歴史や自然などを知ることができて、勉強になった」、司会を務めた下館一高附属中の生徒からは、「遠くにいても繋がることができて凄いと思った」との感想がありました。

 

 令和2年度開校の県立附属中学校5校では、今後も遠隔教育システムを活用して「探究プロジェクト」に協働して取り組み、さらに交流を深めていく予定です。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6

茨城県教育庁 学校教育部 高校教育改革・中高一貫校開設チーム[県庁舎21階]

電話 029-301-5208(中高一貫教育グループ)  FAX 029-301-5209

E-mail kokyo1@pref.ibaraki.lg.jp