茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第2回就学前教育・家庭教育推進のための市町村モデル事業担当者連絡会議

フォトニュース

第2回就学前教育・家庭教育推進のための市町村モデル事業担当者連絡会議

 

 

実践発表
▲実践発表

 

グループ協議の様子
▲グループ協議の様子

 

講師の指導・助言
▲講師の指導・助言

 

平成31年3月4日掲載

 

 2月25日(月曜日)、第2回就学前教育・家庭教育推進のための市町村モデル事業担当者連絡会議が行われました。

 

 県では「いばらき教育プラン」の重点テーマの一つとして、就学前教育・家庭教育の推進に取り組んでいます。

 

 はじめに、県の市町村モデル事業の受託市町村である東海村、日立市、鹿嶋市、美浦村、八千代町の5市町村から、幼児教育と小学校教育の接続に関する取組と「家庭教育ブックひよこ」の活用に関する取組の実施状況や成果を発表していただきました。

 

 次に分科会(グループ会議)では、「幼児教育と小学校との接続推進に関する部会」と「家庭教育に関する部会」に分かれて、事前に各市町村から提出された資料に基づき、今後の幼児教育と小学校教育の接続や家庭教育の推進について熱心な協議がなされました。

 

 最後に、お二人の講師から指導・助言をいただきました。茨城女子短期大学の保育科長 助川公継教授からは、幼児教育の学びを小学校にどうつないでいくか、子どもたちの発達をどうとらえていくか、そしてスタートカリキュラムや新しい学習指導要領とどうつないでいくかなどの助言がありました。

 

 茨城キリスト教大学児童教育学科の中島美那子准教授からは、家庭教育支援について、家庭教育ブック「ひよこ」を活用しての実践や、フアシリテーターを活用した家庭教育講座の実施について、助言をいただきました。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎23階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5134

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp