茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県北生涯学習センター「わくわく幸座・水墨画基礎教室」

フォトニュース

県北生涯学習センター「わくわく幸座・水墨画基礎教室」

 

 

「昨日描きました」と宗我更新先生
▲「昨日描きました」と宗我更新先生

 

小雪の舞う中に咲く梅と、小鳥
▲小雪の舞う中に咲く梅と、小鳥

 

竹を描く
▲竹を描く

 

平成31年3月4日掲載

 

 2月22日(金曜日)・23日(土曜日)・24日(日曜日)、県北生涯学習センターが、「わくわく幸座・水墨画基礎教室」を実施しました。

 

 「わくわく幸座」は、学習成果活用指導者育成事業「気軽に楽しく 講師デビュー!」を修了した方たちが、県北生涯学習センターの講座室を使い、最大3回まで無料で実施する「講師デビュー講座」です。

 

 水墨画基礎教室の講師である宗我更新さんは、7才から水墨画を学び、美術館に絵を展示するなど、水墨画のベテランです。鉛筆で下描きをするわけでもなく、目の前にある景色や静物の写生をするのでもなく、頭の中に蓄えた花鳥風月を筆でためらいなく描いていく姿を目の当たりにすると、参加者からは嘆息がもれました。先生から水墨画鑑賞のポイントを伺った後、まず竹を描いてみます。一見シンプルな竹ですが、実はとても難しく、とのこと。水を含ませた筆の穂先に墨をつけて、一筆で陰影のある立体的な竹の幹を描きあげる先生の実技には感嘆しました。2日目、3日目はさらに竹を描く技術を磨き、梅の描き方にも挑戦しました。

 

 終了後、「もっと続けたい」「これじゃ時間が足りない」など、受講生は意欲満々でした。「楽しかった」と、毎回笑顔だったのは、参加者だけでなく宗我先生もでした。貴重な体験のできる、すてきな時間となりました。

 

  手本を傍らに、梅を描く

  ▲手本を傍らに、梅を描く

 

  顔彩で紅梅を描く

  ▲顔彩で紅梅を描く

内容に関するお問い合わせ
施設名 県北生涯学習センター
連絡先 0294-39-0012

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp