茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 鹿行生涯学習センター「防災講演会」

フォトニュース

鹿行生涯学習センター「防災講演会」

 

 

玉造中学校1学年生徒の実践発表の様子
▲玉造中学校1学年生徒の実践発表の様子

 

講師の池田恵子教授
▲講師の池田恵子教授

 

会場風景
▲会場風景

 

平成31年2月5日掲載

 

 1月23日(水曜日)、<レイクエコー>茨城県鹿行生涯学習センター多目的ホールで、平成30年度地域と学校が連携した防災教育事業「防災講演会」を開催しました。

 

 鹿行地区の幼・保・小・中・高等学校・特別支援学校、各市行政職員、介護施設・障害者施設等の防災担当者、地区消防署・消防団、警察署、区長他、一般の方々の総勢183人が参加しました。

 

 まず、行方市立玉造中学校の実践発表を行いました。「災害時に自ら判断し、主体的に行動できる生徒の育成 ~地域住民と連携した避難所開設訓練を通して~」をテーマに、これまで玉造中学校が取り組んできたHUG(避難所運営ゲーム)の実践や避難所開設訓練の様子などについて、担当教諭と1学年生徒4人が発表しました。

 

 次に、静岡大学教育学部・同防災総合センター教授の池田恵子先生から、「災害時の多様性への配慮と安全な地域づくり」という演題で、性別・立場別の違いや問題点をデータや調査に基づいて分かりやすくご講演いただきました。

 

 受講者のアンケートからは、「男女がうまく協力しながら避難所運営をしていくことが大切。女性ももっと前に出て意見を言わなければいけない」「災害時の多様性への配慮がこんなにもあったのかと痛感させられた。」などの感想が寄せられました。参加者にとって防災体制の充実に取り組む意欲向上にとても有意義な機会となりました。

 

お問い合わせ

〒311-3824 茨城県行方市宇崎宇崎1389 茨城県鹿行生涯学習センター・茨城県女性プラザ

電話 0299-73-3877 FAX 0299-73-3925

E-mail lakeecho@lakeecho.gakusyu.ibk.ed.jp