茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 中央青年の家、さしま少年自然の家、白浜少年自然の家「チャレンジキャンプ in 白浜」

フォトニュース

中央青年の家、さしま少年自然の家、白浜少年自然の家「チャレンジキャンプ in 白浜」

 

 

活動班でアイスブレイクの活動中
▲活動班でアイスブレイクの活動中

 

ピザとポトフ作り
▲ピザとポトフ作り

 

筑波山登山
▲筑波山登山

 

キャンドルファイヤーの様子
▲キャンドルファイヤーの様子

 

平成31年1月10日掲載

 

 12月25日(火曜日)~27日(木曜日)の2泊3日、特定非営利活動法人ひと・まちねっとわーく主催で、「チャレンジキャンプ in 白浜」を実施しました。これは、中央青年の家、さしま少年自然の家、白浜少年自然の家の3施設連携事業で、小学4~6年生38人が参加しました。

 

 1日目は、白浜少年自然の家で「アイスブレイク」「イニシアチブゲーム」「ピザとポトフ作り」「ナイトハイク」を行いました。さまざまな市町村から集まった子どもたちは、初めて出会った同士、慣れない会話から始まりましたが、活動を進めていくと共に、少しずつ打ち解け協力する姿が多く見られました。

 

 2日目は、中央青年の家に移動し、約10kmもの山道のハイキングにチャレンジしました。ハイキングは、穏やかな道だけでなく、険しい登り坂や山道も歩き、ゴールは達成感で一杯でした。夜は、キャンドルファイヤーと各班で作成したレクリエーションやゲームをしました。「椅子取りゲーム」「ジェスチャーゲーム」「怖い話」「〇×クイズ」「じゃんけん列車」を全員で楽しみ、楽しい思い出ができました。

 

 3日目は、絶好の天気の中、筑波山登山に挑戦しました。

 

 参加者の方からは、「めったにできない事をやれて良かった。初めて会った人と協力して活動した中で、協力することの大切さを学びました」「ハイキングや筑波山を最後まで登れたのが嬉しかったです」「みんなでだんだん仲良くなれて、友情が深まった」「ピザ作りなどみんなで協力して、力を合わせて成功した活動は、とても楽しく心に残った」などの感想があり、好評でした。

 

 この3日間は、初めての体験や少し大変な活動もありましたが、最後まで全員で活動でき、楽しい思い出と大切な仲間との深い絆や、個々の成長が見られました。

 

 

   全員で最後まで活動できました

   ▲全員で最後まで活動できました

 

お問い合わせ

〒310-0034 茨城県水戸市緑町3丁目5-35(茨城県保健衛生会館別館)

特定非営利活動法人ひと・まちねっとわーく

電話 029-233-5200  FAX 029-246-6587

E-mail info@hito-machi.net