茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース  > 県立水戸第二高校にドイツ在住の卒業生が来校

フォトニュース

県立水戸第二高校にドイツ在住の卒業生が来校

 

 

ミニ講演会の様子1
▲ミニ講演会の様子1

 

ミニ講演会の様子2
▲ミニ講演会の様子2

 

講師の野尻明子氏
▲講師の野尻明子氏

 

平成31年1月7日掲載

 

 12月20日(木曜日)、水戸第二高校にドイツ在住の卒業生、野尻明子氏が来校し、グローバルクラブと文芸部の生徒たち、そして野尻氏の同級生の方々などを対象にミニ講演会を行いました。

 

 野尻氏は約40年前の卒業生で、在学中は文芸部の部長を経験し、大学卒業後の都内会社勤務を経て、結婚を機にドイツに移住し約25年になるそうです。ドイツでは、日本語講師をしたり茶道を教えたりしながら、日本文化を直接ドイツの方々に伝える取組をしてきたそうです。

 

 今回来校されたのは、そのような経験の中で感じている日本文化の意味、外国語を学ぶ重要性などを後輩たちに伝えたいという思いからで、一時帰国の日程に合わせて1週間前に急遽決定しました。

 

 水戸第二高校生約30名、連絡を取り合って集まった野尻氏の同級生など卒業生約10名を前に、野尻氏は、ドイツにおける日本文化の人気ぶり、日本とドイツの生活、文化、人々の考え方の違いや高校、大学の制度の違いなどを中心に約1時間の講演を行ってくださいました。

 

 生徒たちからは「水戸二高の先輩で海外で長く活躍されている方の経験に基づいた貴重なお話しを直接伺うことができ、自分の将来を考えるうえでとても刺激になりました」「先輩方の母校を思う気持ちに感動しました」といった感想が聞かれました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 水戸第二高校
連絡先 029-224-2543

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp