茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立中央青年の家「みんなあつまれ!ネイチャークラフト~集まれ未来の発明家~」開催

フォトニュース

県立中央青年の家「みんなあつまれ!ネイチャークラフト~集まれ未来の発明家~」開催

 

 

液体窒素の水蒸気は冷たい
▲液体窒素の水蒸気は冷たい

 

バナナで釘を打とう
▲バナナで釘を打とう

 

アイスクリームの出来上がり
▲アイスクリームの出来上がり

 

主翼のデコレーション
▲主翼のデコレーション

 

平成30年11月14日掲載

 

 11月3日(土曜日)、中央青年の家で、元気いばらきっ子育成事業「みんなあつまれ!ネイチャークラフト~集まれ未来の発明家~」を開催しました。この事業は、おもしろ理科先生の協力を得て、親子で創作体験活動を行い、つくりだす喜びを味わいながら豊かな情操を養うことを目的としています。

 

 当日は、おもしろ理科先生の指導で午前中に「液体窒素でー196℃の世界を体験する」をテーマに様々な実験を行いました。参加者は、初めて体験する液体の実験にわくわくしていました。

 

 最初に先生が液体窒素を容器に注ぐと白い水蒸気が立ち上がり、参加者は手をかざしてその冷たさを体験しました。また、液体窒素の中に入れて凍らせたバナナで釘が打てることに驚いていました。さらに、液体窒素の中に気体の酸素や二酸化炭素を入れた袋を入れ、液体や固体に変化する実験も行いました。液体窒素での超伝導の実験にも歓声をあげていました。最後の実験は、液体窒素でのアイスクリーム作りです。牛乳、生クリーム、砂糖を混ぜ、液体窒素を入れるとアイスクリームの出来上がりです。その美味しさは格別でした。

 

 午後は、おもしろ理科先生の指導で「ハンドランチグライダー」を造りました。最初に、先生が発砲スチロールで作成した主翼のデコレーションです。星形のシールや色ビニールテープを貼り、オリジナルの主翼の完成です。次に、胴体に尾翼や主翼をつけて、広場で飛ばしました。先生から飛ばし方を教えてもらい、主翼の色のグループ毎に、家族で飛ばしかたを相談しながら、遠くまで飛ばしていました。

 

 工作を通じて家族でコミュニケーションを取りながら、楽しく過ごした一日でした。

 

  遠くまで飛ばそう

  ▲遠くまで飛ばそう

内容に関するお問い合わせ
施設名 中央青年の家
連絡先 029-862-3500

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp