茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竜ヶ崎第二高校「高校生ライフデザインセミナー~赤ちゃんが学校にやってくる!~いのちと出会う・感じる授業~」開催

フォトニュース

県立竜ヶ崎第二高校「高校生ライフデザインセミナー~赤ちゃんが学校にやってくる!いのちと出会う・感じる授業~」開催

 

 

ゲストとのトーク
▲ゲストとのトーク

 

赤ちゃんとのふれあい1
▲赤ちゃんとのふれあい1

 

赤ちゃんとのふれあい2
▲赤ちゃんとのふれあい2

 

誕生学プログラム
▲誕生学プログラム

 

平成30年11月13日掲載

 

 10月19日(金曜日)、竜ヶ崎第二高校で、「高校生ライフデザインセミナー~赤ちゃんが学校にやってくる!いのちと出会う・感じる授業~」をNPO法人ままとーんの協力のも開催しました。

 

 この取組は、昨年度、本県主催のライフデザイン形成支援事業に募集して取り組んだことをきっかけに、毎年、生徒たちに体験してもらいたいと考え、「一人一人が輝く活力ある学校づくり推進事業」のひとつとして開催したものです。

 

 対象生徒は、1学年普通科2クラス、2学年商業科1クラス・人間文化科1クラスの150名です。「家庭総合」「子どもの発達と保育」の授業の一環として参加しました。

 

 内容は「ゲストトーク&ふれあい体験」と「誕生学プログラム」です。ゲストトーク&ふれあい体験では、月齢がさまざまな赤ちゃんとそのお母さん全11組が来校し、1グループが2名の赤ちゃんと触れ合えるように交流を持ちました。ゲストの紹介、月齢当てクイズ、体験談を聞いた後、赤ちゃんのだっこ体験をしました。今回は、お母さん・お父さんの手を離れると泣き出してしまうなど、人見知りが始まる月齢の赤ちゃんが多く、戸惑いながらだっこする生徒もいましたが、上手にだっこする生徒は褒められるととても嬉しそうでした。

 

 また、誕生学プログラムでは、パワーポイントや胎児の人形、体験談、DVD「生まれる」の上映をとおして、赤ちゃん誕生までの様子や父親・母親になるということについての理解を深めることができました。

 

 参加した生徒からは、「赤ちゃんは自分のおもちゃではなく一人の人間であり、感情はたくさんあるとの話を聞き、虐待など絶対にしてはいけないと思った」「子育ては大変なことが多いけど、それを上回る幸せや喜びがあるのだと思った」「自分を産んでくれたお母さんに感謝しようと思った」「色々な人の助けがないと人は成長できないと思った」「自分を大切にして生きていきたいと思った」などの感想がありました。

 

 また、ゲストのお母さんお父さんからは、「育児のことに関しては、マイナスのイメージの情報が多いが、そんなことはなく、親切な方は多いので、将来は是非子育てをしてほしい」「高校生と触れ合う機会をもらって子供にとってとても良かった」との話があり、生徒たちは生のことばに聞き入っていました。

  

内容に関するお問い合わせ
学校名 竜ヶ崎第二高校
連絡先 0297-62-3078

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp