茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竹園高校がつくば国際会議場で第8回探Q研究成果発表会を行いました

フォトニュース

県立竹園高校がつくば国際会議場で第8回探Q研究成果発表会を行いました

 

 

プレゼンテーションスタート
▲プレゼンテーションスタート

 

物理ゼミの発表1
▲物理ゼミの発表1

 

物理ゼミの発表2
▲物理ゼミの発表2

 

ポスターセッション1
▲ポスターセッション1

 

ポスターセッション2
▲ポスターセッション2

 

平成29年2月8日掲載

 

 2月3日(金曜日)、県立竹園高校がつくば国際会議場で第8回探Q研究成果発表会を行いました。

 

 竹園高校は、茨城県教育委員会「一人一人が輝く活力ある学校づくり推進事業」重点校に指定されており、平成30年に迎える創立40周年に向け、地域社会のさらなる期待に応えるべく、これまで培ってきた英語教育、科学教育、国際理解教育などの伝統をもとに「ハイブリッド型グローバル人材」の育成を掲げて、教育活動を実践しています。

 

 その一つとして、国際科では論理的思考力や情報発信力、知的好奇心を高める学究的な活動を行っており、その中心が2年生で行う「探Q(課題研究)」です。探Qの「Q」は、「感覚質」を意味するクオリア(qualia)のQです。生徒たちは10ゼミナールに所属し、1年間をかけて各自が設定した研究テーマに取り組み、2016年9月に実施した中間発表会を経てこの日を迎えました。

 

 発表会は、「探Q」を開始時から支えていただいている大澤義明先生(筑波大学理工学群社会工学類教授)をはじめとする来賓の先生方、ティーチング・アシスタントとしてご協力をいただいている筑波大学大学院生、保護者や地域の皆さま、学校関係者の皆さまのご出席を賜り、盛大に行われました。

 

 生徒たちの発表は、どのゼミナールもレベルが非常に高いものでした。特に、物理ゼミのプレゼンテーションでは来賓の先生から「大学生でも解くことが難しい数式をよく解けている」とお褒めの言葉をいただくなど、生徒たちは大きな達成感を感じていました。

 

 大澤先生から「生徒は自信をもってプレゼンテーションやポスターセッションに取り組んでいた。竹園高校が目指している『多様性が生むしなやかな知の力』はこれからますます必要になる力です。」との講評をいただきました。

 

 発表会を終えた生徒たちは、今後、研究論文を完成させ集大成を迎えることになります。


  講評する大澤先生
  ▲講評する大澤先生

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 竹園高校
連絡先 029-851-7515

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp