茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竹園高校国際科が探Q中間発表会を行いました

フォトニュース

県立竹園高校国際科が探Q中間発表会を行いました

 

 

熱気あふれるポスターセッション
▲熱気あふれるポスターセッション

 

いばらきの将来を考えます
▲いばらきの将来を考えます

 

研究成果を披露▲研究成果を披露

 

果物電池に興味津々
▲果物電池に興味津々

 

平成28年9月21日掲載

 

 9月14日(水曜日)、県立竹園高校国際科2年生が探Q中間発表会を行いました。

 

 竹園高校国際科は、普通科での教育活動に加え、論理的思考力、知的好奇心、表現力・情報発信力を育成するため、学究的な活動を行っています。この取組を竹園高校では「探Q」(Qはqualia(「感覚質」)の意味)と呼んでいます。

 

 国際科2年生は1年間をかけて課題研究を行います。物理や化学、国際や経済など合計10のゼミナールが設定されており、筑波大学大学院生をTA(ティーチング・アシスタント)に迎え、最先端の研究内容に触れながら、週1回、探究型学習を行っています。テーマは「単振子の等時性の破れ」(物理)から「魅力度UP茨城県改造計画」(地域調査)まで幅広く、10月のスタディツアーで訪問するシンガポールのナンヤン工科大学で行う研修の際には、生徒が研究成果を英語で発表します。

 

 ポスターセッションでは、合計64のテーマ発表が行われ、生徒たちが熱心にメモをとりながら、時には熱く議論を交わしながら発表を聞く姿が見られました。

 

 この中間発表で、生徒たちは研究の方向性や問題点を確認し、平成29年2月3日(金曜日)につくば国際会議場で開催する探Q発表会に向け、研究をさらに進めていくことになります。

 

  TA、ありがとうございます
  ▲TA、ありがとうございます

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 竹園高校
連絡先 029-851-7515

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp