茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立つくば工科高校「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に参加

フォトニュース

県立つくば工科高校「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に参加

 

 

GU湊賢吾店長による出前授業
▲GU湊賢吾店長による出前授業

 

ポスター、回収ボックス等の作成
▲ポスター、回収ボックス等の作成

 

多くの地域の方々にご協力をいただきました
▲多くの地域の方々にご協力をいただきました

 

たくさんの子供服が集まりました
▲たくさんの子供服が集まりました

 

令和2年1月15日掲載

 

 6月から11月にかけて、つくば工科高校では、第1学年道徳×家庭×美術のクロスカリキュラムとして、ユニクロ・GUと連携し、戦争難民へ子ども服の古着を送る「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に参加しました。

 

 はじめに令和元年6月18日(火曜日)、服の持つチカラや戦争難民の現状、なぜ「子ども服の古着」が必要なのか等を学ぶ出前授業を実施しました。

 

 その後、生徒たちは地域の方へ呼びかけるためのポスターや看板、回収BOXを準備し、夏季休業中に地域の皆さんを対象に回収を行いました。

 

 予想を上回り、県内全域より41軒ものご家庭から協力を頂きました。校内では9月に回収を実施し、最終的に段ボール34箱分(およそ2,000着)もの子ども服の古着が集まりました。集まった衣類は、いたみや汚れのチェックを行い、気候の異なる難民キャンプですぐに使えるよう分類し、丁寧に梱包して11月中旬に発送しました。

 

 参加した生徒からは、「社会科の授業で『難民』について習い、いくつかのことは知っていたつもりだが、本当の意味がとても重いことが分かった」「要らない服だけで世界の人を助けられることに感動した」「毎日の充実した生活が当たり前・フツーに思っていたけれど、感謝しながら過ごしたいです」などの感想が聞かれました。

 

 それぞれの生徒が大きな達成感を得るとともに、一人の消費者として、サステイナブルな社会への貢献をすることができた貴重な体験となりました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 つくば工科高校
連絡先 029-836-1441

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp