茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第5回茨城県農業関係高校「学校産・地元産食材を使ったスイーツコンテスト」

フォトニュース

第5回茨城県農業関係高校「学校産・地元産食材を使ったスイーツコンテスト」

 

 

プレゼンテーション
▲プレゼンテーション

 

外観・試食審査
▲外観・試食審査

 

自由試食会
▲自由試食会

 

審査員長からのアドバイス
▲審査員長からのアドバイス

 

最優秀賞の福来るミカンとイチゴのマリアージュ(真壁高)
▲最優秀賞の福来るミカンとイチゴのマリアージュ(真壁高)

 

優秀賞の”R”干し芋ロール(水戸農高)
▲優秀賞の”R”干し芋ロール(水戸農高)

 

優秀賞のりんごりんごりんご(水戸農高)
▲優秀賞のりんごりんごりんご(水戸農高)

 

優秀賞のブラックモンブラン(大子清流高)
▲優秀賞のブラックモンブラン(大子清流高)

 

特別賞のTablea ang kastanyas(水戸農高)
▲特別賞のTablea ang kastanyas(水戸農高)

 

令和2年1月6日掲載

 

 12月19日(木曜日)、真壁高校を会場に、中川学園調理技術専門学校、イオンリテール株式会社、ホテルレイクビュー水戸の協力のもと、第5回茨城県農業関係高校「学校産・地元産食材を使ったスイーツコンテスト」が開催されました。

 

 このコンテストは、学校産・地元産の果物や野菜を用いて、スイーツの商品開発を試みることで、農業の6次産業化の理解を深めるとともに、将来の地域産業において活躍する人材を育成することを目的に、茨城県学校農業クラブ連盟が主催して開催しています。

 

 今回のテーマは、「作ろうよ!未来のスイーツ!」で、7校から14チームが参加しました。開会式の後、生徒たちは、スイーツの食材、製法、商品開発で工夫したことなどを制限時間5分でプレゼンテーションしました。その後、審査員4名が、別室で一作品ずつ外観・試食審査をしました。生徒たちは、審査の間、自由試食会として、他校のスイーツを食べ比べて情報交換をしました。また、審査員長を務めた中川学園調理技術専門学校の眞嶋伸二氏から、作品の食感、材料の配合、大きさなどについて、1チームずつアドバイスをいただきました。

 

 最優秀賞には、真壁高校食品化学科2年生の「福来るミカンとイチゴのマリアージュ」が輝きました。この作品は、桜川市産の福来ミカンから作った香りのよいジャムと、農業科で生産したイチゴを材料にして作ったババロアをチョコレートでコーティングし、テーマの「未来」を「グラサージュチョコレート」の光沢による輝きで表現しました。レシピ、プレゼンテーション、外観、味、いずれも高い評価でした。

 

 また、優秀賞には、水戸農業高校農業科2年生の「“R”干し芋ロール」、同生活科学科1年生の「りんごりんごりんご」、大子清流高校農林科学科3年生の「ブラックモンブラン」が輝きました。さらに、ホテルレイクビュー水戸が選出する特別賞には、水戸農業高校食品化学科2年生の「Tablea ang kastanyas」が輝き、令和2年3月に開催されるホテルのレストランのイベントでデザートとして提供される予定です。

 

 表彰の後、審査員長から「コンテストが5回目となり、年末のイベントとして定着し、作品のレベルが年々上がって、審査員としてうれしく思います。スイーツは、インスタ映えという言葉があるように、味はもちろん見映えも大切です。また、人に食べてもらうのだから、まずは自分が食べたいと思うかどうかです。さらに、食品製造では、調理場所の清掃や整理整頓、白衣の着用など、試作の時から食品衛生の意識を高めてください。今回、皆さんは、レシピを読んでもらう人、発表を聞いてもらう人、スイーツを食べてもらう人と相手の立場になって考えたことと思います。高校生活でも相手の立場になって考えて行動して、みなさんの希望する進路を実現させてください」と講評をいただきました。

 

 最優秀賞の真壁高校食品化学科2年の松山千遥さんは、「昨年に続いて出場し、今回は最優秀になれてとてもうれしく思います。グラサージュチョコレートをかける時のババロアの温度がポイントで、どのくらい冷やせばよいかなどを試行錯誤しました。これからも食品製造の専門的な知識や技術を学習していきたいと思います」と笑顔で話してくれました。

 

 

   後列【優秀】:大子清流、水戸農(生活科学科)、水戸農(農業科)前列【最優秀】:真壁、【特別賞】:水戸農(食品化学科)

   ▲後列【優秀】大子清流、水戸農(生活科学科)、水戸農(農業科)

     前列【最優秀】真壁、【特別賞】:水戸農(食品化学科)

 

 

第5回農業関係高校 学校産・地元産食材を使ったスイーツコンテスト
<作品一覧>

学校名 学科・学年 作品名 学校産・地元産の食材
高萩 普通科1年

春を待つ若草のような”萌黄”

学校:常陸大黒、サツマイモ、大子町:リンゴ

優秀
大子清流
農林科学科3年

ブラックモンブラン

学校:常陸大黒、粉茶、卵

大子清流 農林科学科3年

生チョコサイダーゼリー

学校:粉茶、リンゴ

優秀
水戸農業
農業科3年

”R”干し芋ロール

学校:干し芋、卵

水戸農業 畜産科3年

タルトタタン風チーズケーキ

学校:卵、クリームチーズ、県内:リンゴ、ブルーベリー

優秀
水戸農業
生活科学科1年

りんごりんごりんご

学校:卵、大子町:リンゴ

特別賞
水戸農業
食品化学科2年

Tablea ang kastanyas

学校:クリ、(カカオ葉)、那珂市:米粉(※2)

鉾田第二 食品技術科1年

2層のサツマイモムース

鉾田市:サツマイモ

石岡第一 園芸科3年

なめらか有機ブドウムース

学校:ブドウ(有機JAS認証圃場)

江戸崎総合 総合学科 (※1)2年

スイーツで栄養補給 かぼちゃのブーシェ

稲敷市:カボチャ、県内:ピーマン、卵

江戸崎総合 総合学科 (※1)2年、3年

豆腐クリームを使ったチョコレートケーキ

河内町:豆腐、豆乳

江戸崎総合 総合学科 (※1)3年

かぼちゃのシフォンケーキ

稲敷市:カボチャ、県内:卵

真壁 食品化学科1年

Makaberry

学校:ブルーベリー

最優秀
真壁
食品化学科2年

福来るミカンとイチゴのマリアージュ

学校:イチゴ、桜川市:福来ミカン

※1 江戸崎総合高校の総合学科は、3チームともグリーンテクノ系列。

※2 水戸農高のカカオ葉は飾りで使用した。Tablea(タブレア:カカオをすり潰して固めたチョコレートのタブレット)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp