茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立牛久高校「学校家庭クラブ 和菓子づくり」

フォトニュース

県立牛久高校「学校家庭クラブ 和菓子づくり」

 

 

講師の手元を食い入るように見つめる生徒たち
▲講師の手元を食い入るように見つめる生徒たち

 

真剣に、楽しく和菓子づくりに挑戦
▲真剣に、楽しく和菓子づくりに挑戦

 

練切にへらを用いて模様付け
▲練切にへらを用いて模様付け

 

令和元年12月23日掲載

 

 12月17日(火曜日)、牛久高校の生徒31名が、製菓専門学校講師の指導の下、季節の和菓子づくりに挑戦しました。これは、学校家庭クラブの活動の一環で、2017年全国高校生料理コンクールでのグランプリ受賞を機に誕生した「小麦粉料理研究会」の取組として行いました。

 

 実習では、薯蕷(じょうよ)饅頭と練切「姫菊」の2種類の和菓子づくりを行いました。前半、講師の先生が一連の流れをやって見せると生徒たちは食い入るように講師の手元を見つめ、見事な手の動きを見て「すごい」などと歓声をあげていました。後半の実習では、講師の先生に作り方のコツを尋ねたり、同じ班のメンバー同士で教えあったりして、和菓子づくりに真剣に取り組んでいました。

 

 和菓子づくりに挑戦した生徒からは、「できあがった和菓子は、お店のショーケースに並ぶ商品のレベルには程遠いものでしたが、製作過程を一通りこなすことができ満足しています」「薯蕷饅頭は上用粉に山芋を入れることを知りました。小麦粉だけの皮とは異なる食感で、何か他の菓子にも応用してみたいと思いました」「母と祖母が和菓子好きなので、家でも作ってみたいです」などの声が聞かれました。

 

  生徒が製作した薯蕷饅頭と練切「姫菊」

  ▲生徒が製作した薯蕷饅頭と練切「姫菊」

 

  実習後の振り返りで、講師の先生から指導講評

  ▲実習後の振り返りで、講師の先生から指導講評

内容に関するお問い合わせ
学校名 牛久高校
連絡先 029-873-6220

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp