茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立牛久高校「美浦特別支援学校との学校間交流」

フォトニュース

県立牛久高校「美浦特別支援学校との学校間交流」

 

 

自己紹介で緊張感を解きほぐし、作業開始
▲自己紹介で緊張感を解きほぐし、作業開始

 

手工芸作品用のデザインの見事さに感心
▲手工芸作品用のデザインの見事さに感心

 

ビーズ製品づくりする牛久高校生(中央)
▲ビーズ製品づくりする牛久高校生(中央)

 

ポップコーン用のトウモロコシを一緒に選別
▲ポップコーン用のトウモロコシを一緒に選別

 

令和元年12月23日掲載

 

 12月16日(月曜日)、牛久高校の生徒40名(男子5名、女子35名)が、美浦特別支援学校高等部を訪問し、学校間交流を行いました。これは、特別支援学校で学ぶ同年代の生徒との交流を通して、相互理解と親睦を深めることを目的に実施されるもので、令和元年度で9度目になる取組です。

 

 牛久高校の生徒は、「作業学習」7コースに分かれ、それぞれの活動場所で自己紹介をした後、作業学習に取り組みました。職業コースは窓清掃を、軽作業コースはフェルトボールづくりを行いました。作業では、お互いに声を掛け合い、道具の貸し借りをしながら進めていました。また、レザーコース、木工コース、手工芸コース、ビーズコースは、それぞれ手先を器用に動かして小物づくりを行っていました。園芸コースでは、収穫したトウモロコシからポップコーン用になる粒を選別しました。

 

 学校間交流に参加した生徒からは、「窓清掃では、私はある程度の仕上がりで満足していましたが、一緒に組んだ子が完璧さを求め取り組む姿を見てハッとさせられました」「小物づくりで苦戦していると、同じ作業台にいた相手校の生徒が慣れた手つきで手伝ってくれ嬉しかったです」「参加前は、うまくコミュニケーションが取れるか不安がありましたが、相手からニコニコと親しげに接してくれて、すぐに打ち解けることができました」などの声が聞かれました。

 

 

  ペアで協力して作業を進める生徒たち

  ▲ペアで協力して作業を進める生徒たち

 

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 牛久高校
連絡先 029-873-6220

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp