茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立小瀬高校教員が明峰中学校で「歴史のスポット的授業」

フォトニュース

県立小瀬高校教員が明峰中学校で「歴史のスポット的授業」

 

 

歴史の授業を行いました
▲歴史の授業を行いました

 

授業中の中学生たち
▲授業中の中学生たち

 

令和元年12月11日掲載

 

 12月3日(火曜日)、 小瀬高校教員が、連携型中高一貫教育校である常陸大宮市立明峰中学校で「歴史のスポット的授業」を2年生2クラスに対して実施しました。

 

 授業では、茨城を支配した佐竹氏と徳川氏、徳川光圀の歩みと旧緒川村との関わりをテーマとして取り上げました。

 

 授業を受けた中学生は「歴史を奥深く学ぶことができた。緒川の紙が水戸藩の財政に貢献していたことを知って驚いた。歴史が好きになった」「徳川光圀の人物像がわかってとても興味が持てた。これから違う視点で『水戸黄門』がみられる」と話していました。

 

 また、明峰中の教員は「高校の先生の授業がとても新鮮で、授業内容も地元との関わり合いを話してくれ興味を持って生徒が話を聞いていました」と話していました。

 

 小瀬高と明峰中は、他の科目についても「スポット的授業」を実施し、今後も交流事業の充実を図っていきます。

内容に関するお問い合わせ
学校名 小瀬高校
連絡先 0295-56-2204

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp