茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 茨城県陶芸美術館「令和元年度第14回笠間市教育研究会主催児童生徒美術展覧会」

フォトニュース

茨城県陶芸美術館「令和元年度第14回笠間市教育研究会主催児童生徒美術展覧会」

 

 

入口付近の様子
▲入口付近の様子

 

小学生の書写作品
▲小学生の書写作品

 

小学生の絵画作品
▲小学生の絵画作品

 

中学生の書写作品
▲中学生の書写作品

 

令和元年12月2日掲載

 

 11月22日(金曜日)~11月24日(日曜日)の3日間、茨城県陶芸美術館が県民ギャラリーで、「令和元年度第14回笠間市教育研究会主催児童生徒美術展覧会」を開催しました。

 

 この展覧会は「日頃の学校教育活動の中で制作された児童生徒の作品を、是非多くの皆様に鑑賞して頂きたい」という願いから始まりました。

 会期中、市内各小学校10校、各中学校5校、義務教育学校1校及び県立特別支援学校2校の計18校、作品数896点が、会場全体に展示されました。市内小中学校及び義務教育学校からは書写と絵画の作品が、特別支援学校からは「笠間市手をつなぐ子らの作品展」と題して、様々な作品が展示されました。

 

 家族連れの入場者が多く、思い思いに写真を撮ったり、作品の前に立ち止まっては「これ上手だね」と言って熱心に鑑賞していました。

 

 陶芸美術館県民ギャラリーでの開催は、第2回展覧会から今回で13回目を迎えます。笠間市教育研究会国語教育研究部長の菊池浩岩間中学校長は、「恵まれた環境の中で、児童生徒の作品が一段と映えて展示できるのでとても嬉しいです」と目を細めていました。

 3日間の入場者数は合計2,771人となり、芸術に対する関心の高さを表す数となりました。

 

  中学生の絵画作品

  ▲中学生の絵画作品

 

  特別支援学校の児童生徒作品

  ▲特別支援学校の児童生徒作品

内容に関するお問い合わせ
施設名 陶芸美術館
連絡先 0296-70-0011

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp