茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立水戸高等特別支援学校「進路講演会」

フォトニュース

県立水戸高等特別支援学校「進路講演会」

 

 

保護者の支援の大切さを伝える濱氏
▲保護者の支援の大切さを伝える濱氏

 

映像で、ボイス社の利用者の生活の様子を紹介
▲映像で、ボイス社の利用者の生活の様子を紹介

 

令和元年12月2日掲載

 

 11月21日(木曜日)、水戸高等特別支援学校で、いばらき教育月間における県立特別支援学校一斉学校公開「KOUTOKU OPEN SCHOOL 2019」のプログラムの1つとして「働くために、働き続けるために」と題した進路講演会を行いました。

 

 進路講演会は、特定非営利活動(NPO)法人 ボイス社の濱千鶴副理事長を講師に迎え、申込のあった保護者や県内の小・中学校の保護者・教員など、約40人が参加しました。

 

 自身も障害をもつ子の親として、学校卒業後に障害者が働く場(就労移行支援・継続支援B型事業所)を立ち上げた経験をもつ、濱さんによるボイス社設立の苦労話や利用者の生活の様子、事業所での定着支援の実情を、映像を交えながら詳しくお話しいただきました。

 

 濱さんから、「会社でトラブルが起きた時こそ、保護者の支援が大切」「楽しみがないと乗り切れない。趣味など楽しみを見つけることも保護者の役目」との言葉に、参加者の1人は「会社に入れば、終わりという訳ではないことがわかった」と感想を述べていました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 水戸高等特別支援学校
連絡先 029ー269ー6212

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo2@pref.ibaraki.lg.jp