茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 学力向上推進総合事業カテゴリー別グループ研修会

フォトニュース

学力向上推進総合事業カテゴリー別グループ研修会

 

 

世界史Aの公開授業(生徒による授業)
▲世界史Aの公開授業(生徒による授業)

 

日本史Bの公開授業(隣の人への説明)
▲日本史Bの公開授業(隣の人への説明)

 

日本史Bの公開授業(課題をグループで討議)
▲日本史Bの公開授業(課題をグループで討議)

 

令和元年12月2日掲載

 

 11月19日(火曜日)、牛久高校で、いばらき高等学校学力向上推進総合事業のカテゴリー別グループ研修会を行いました。

 

 令和元年度の学力向上推進総合事業は、新学習指導要領の実施に備え、全ての県立高校等において「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善を推進し、生徒の思考力・判断力・表現力等の育成を図ることを目的に実施しています。

 

 当日は、14校から33名の先生が参加し、2時間の公開授業と、1時間の研究協議が行われました。1時間目には、世界史A(1年)、コミュニケーション英語Ⅰ(1年)、地理B(2年)の3つの授業が、2時間目には、美術Ⅰ(1年)、日本史B(2年)、現代社会(3年)の3つの授業が公開されました。生徒は、発表などによる言語活動を重視した授業に生き生きと主体的に参加していました。

 

 次の時間には、公開授業のうち世界史Aと日本史Bの授業を題材に、参加した先生方による研究協議が実施され、グランドデザインや年間指導計画に基づく学習指導について熱心な討論が行われました。先生方は自分の学校でどのようにすれば授業改善が進み、生徒の資質・能力を育成することができるかアイデアを出し合い、充実した協議となりました。

 

 参加した先生からは、「これからの授業の在り方について考えるよい機会となった」といった感想が聞かれました。

 

 

  研究協議の様子

  ▲研究協議の様子

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp