茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県北生涯学習センター「家族で楽しく農業体験」

フォトニュース

県北生涯学習センター「家族で楽しく農業体験」

 

 

トマト班の看板を立てました(6/9)
▲トマト班の看板を立てました(6/9)

 

収穫したシシトウを食べてみました(7/14)
▲収穫したシシトウを食べてみました(7/14)

 

身長よりも高くのびたトウモロコシ(8/18)
▲身長よりも高くのびたトウモロコシ(8/18)

 

ダイコンの種を蒔く畝作り(9/8)
▲ダイコンの種を蒔く畝作り(9/8)

 

キャベツ収穫(10/13)
▲キャベツ収穫(10/13)

 

令和元年11月20日掲載

 

 11月10日(日曜日)、県北生涯学習センターの前期提案講座【常陸未来学】「家族で楽しく農業体験」が完了しました。たかはら自然塾(日立市十王町)の畑をお借りして、6月9日から6回にわたって農業体験を実施しました。月に一度の講座に加えて、受講生は自ら時間を見つけては合間に畑の様子を見にきて野菜の手入れをし、草取りや収穫をしていました。

 

 夏には、エダマメ・トウモロコシ・ミニトマト・ナス・シシトウなどがたくさん収穫できました。秋にはダイコンの種まきとハクサイの苗植えをし、ミズナ・チンゲンサイ・キャベツ・ブロッコリーなどの収穫、そして最終日にはみごとなダイコンが何本もとれました。子どもたちは、畑の脇の用水路で野菜の泥を落とし、たかはら自然塾の軽トラックに積んでいきます。

 

 10月の台風と大雨で、残念ながらハクサイの多くは収穫できなくなってしまいましたが、自然の中で野菜を育てることの大変さ、スーパーで売られている野菜がいかにきれいな形をしているかなど、考えることも多い講座となりました。

 

 受講生からは 「トウモロコシが生でも甘かった」「シシトウはおかか和えで食べた」「ダイコンを抜くのが楽しかった」「クワを初めて使ったけど難しかった」「また機会があったら参加したい」などの声がありました。

 

 草取りや肥料入れ、農薬散布など畑の維持管理をしてくださった、たかはらグリーンツーリズム推進会の皆さん、全体の指導と野菜の保存方法等を教えてくださったNPO法人グラウンドワーク笠間の青木才生(さいき)先生、本当にありがとうございました。

 

 

  大きなダイコンを抜けた!(11/10)

  ▲大きなダイコンを抜けた!(11/10)

 

  グループ毎に半年の成果を発表(11/10)

  ▲グループ毎に半年の成果を発表(11/10)

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 県北生涯学習センター
連絡先 0294-39-0012

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp