茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > みんなで教育を考える「いばらき教育の日」推進大会を開催

フォトニュース

みんなで教育を考える「いばらき教育の日」推進大会を開催

 

 

開会行事
▲開会行事

 

優秀標語表彰
▲優秀標語表彰

 

善行表彰
▲善行表彰

 

活動発表(水戸葵陵高等学校書道部)
▲活動発表(水戸葵陵高等学校書道部)

 

令和元年11月19日掲載

 

 11月1日(金曜日)、ザ・ヒロサワ・シティ会館において、第20回記念みんなで教育を考える「いばらき教育の日」推進大会(主催:みんなで教育を考える「いばらき教育の日」推進協議会)を盛大に開催しました。

 

 大会は、幡谷浩史会長の「家庭・学校・地域社会が一体となり、子どもたちを守り育てるコミュニティの発展に、今後も努めていきましょう」という力強い挨拶で幕を開けました。

 

 推進大会20年のあゆみの発表や優秀標語(23名)・善行(13組)・ティーチャーオブティーチャーズ(5名)の表彰、水戸葵陵高等学校書道部による書道パフォーマンスが披露され、会場は大きな拍手に包まれました。

 

 午後の記念講演では、奈良・薬師寺執事長の大谷徹奘(てつじょう)氏をお迎えし、「幸せの条件」という演題で、人と人との出会いやつながりの大切さについて大変貴重なお話をいただきました。

 

 この後も11月23日(土曜日)に、茨城県立図書館で「発達障害の早期の気付きと発達段階に応じた支援」をテーマにシンポジウムを実施するなど、県内各地で様々な取組を行う予定です。

 

※ 茨城県では、11月1日を「いばらき教育の日」、11月を「いばらき教育月間」として、学校・家庭・地域社会が連携を図り、県民一人ひとりが自主的に教育に対する関心と理解を深める機会とするため、様々な取組を推進しております。

 

 

  基調講演

  ▲基調講演

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5318(振興担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp