茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  >県立常陸大宮高校「発掘体験」

フォトニュース

県立常陸大宮高校「発掘体験」

 

 

中津川遺跡での発掘の様子
▲中津川遺跡での発掘の様子

 

沢山遺物をみつけることができました
▲沢山遺物をみつけることができました

 

粟野先生の解説
▲粟野先生の解説

 

令和元年11月14日掲載

 

 11月8日(金曜日)、常陸大宮高校の1・2年生普通科の生徒が「発掘体験」をしました。

 

 当日は晴天に恵まれ、茨城県教育財団の方々の御協力により、生徒全員が遺物を見つけることができ、発掘の面白さを体験することができました。調査員の先生に御指導いただきながら、発掘した遺物が土器のどの部分に当たるかなどを知ることができ、本では学ぶことができない貴重な経験をすることができました。

 

 午後からは、徳川ミュージアムで、「水戸德川家名宝展-創造-」を見学しました。展示室では、研究員の粟野先生の解説を受け、水戸徳川家の歴史や展示物のひとつひとつを丁寧に見ることができました。特に德川光圀が使用した葵のご紋入りの印籠については、とても興味を持ってメモをとる生徒が多く見られました。

 

 生徒からは、「縄文土器をたくさん見つけることができ,縄文時代にタイムスリップしたような気持ちになった」「文化財について考え方がかわった」などの感想がありました。

 

 生徒たちにとっては、10月に行われた茨城県立歴史館の出前授業「日本刀のイロハ」に続き、文化財と対話し、深い学びができた一日でした。

 

  自分の気に入った一品をメモしています

  ▲自分の気に入った一品をメモしています

内容に関するお問い合わせ
学校名 常陸大宮高校
連絡先 0295-52-2175

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp