茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竹園高校「内閣府国際社会青年育成事業における学校訪問」

フォトニュース

県立竹園高校「内閣府国際社会青年育成事業における学校訪問」

 

 

SDGsについて英語でグループ学習
▲SDGsについて英語でグループ学習

 

グループ毎に英語で発表
▲グループ毎に英語で発表

 

大学レベルのアクティブラーニングを体験
▲会話を楽しみながらの昼食交流会

 

お茶を点てる茶道体験
▲お茶を点てる茶道体験

 

令和元年11月7日掲載

 

 10月17日(木曜日)、竹園高校に、2019年度内閣府青年国際交流事業(外国青年招へい)として、ベトナム社会主義共和国とリトアニア共和国からそれぞれ8名が訪問しました。

 

 この事業は、日本と諸外国の青年が議論を通じて国際理解を深めるとともに、青年相互の友好と理解を促進し、国際的視野を広げ、国際協調の精神涵養と国際協力の実践力を向上させることが目的です。

 

 数学や化学、歴史などの授業参観後、1年生のコミュニケーション英語の授業において、生徒と一緒にSDGs(※)をテーマにしたグループ学習を行いました。

 

 昼食交流会では、様々な話題で盛り上がりながら和気あいあいと会話を楽しみ、生徒のお弁当の中身にも興味津々の様子でした。

 

 午後の英語表現の授業において、国際科理系では「再生エネルギーの利用拡大について」、国際科文系では「外国人労働者の受け入れについて」をディスカッションテーマにして、日本・ベトナム・リトアニアの現状をもとに英語で意見交換をしながら、地球規模で解決すべき現代社会の問題を考察しました。

 

 参加した生徒たちからは、「緊張もしたが、国際交流はとても楽しかった」「短い時間でも異文化を感じることができた」「英語学習を頑張るための励みとなった」「SDGsに対する意識を高めることができた」などの感想がありました。

 

 その他にも、竹園高校では、国際理解教育が盛んで、日頃から地域の大学や研究機関と連携し、国際社会で活躍するグローバル・リーダーの育成を目指す取組を行っています。

 

※ Sustainable Development Goalsの略。持続可能な開発目標。

 

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 竹園高校
連絡先 029-851-7515

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp