茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > レイクエコー「サイエンスフェスティバル」

フォトニュース

レイクエコー「サイエンスフェスティバル」

 

 

高校生と一緒にLED工作をする子どもたち
▲高校生と一緒にLED工作をする子どもたち

 

UVレジンでアクセサリーづくり
▲UVレジンでアクセサリーづくり

 

ドローンの見学をする子どもたち
▲ドローンの見学をする子どもたち

 

令和元年10月9日掲載

 

 10月5日(土曜日)と6日(日曜日)、レイクエコーでサイエンスフェスティバルを開催しました。これは、子どもたちの理科・科学への興味・関心を高めようと、おもしろ理科先生や地元の工業高校、県内企業等の協力を得て実施したものです。全部で7つのブースを展開しました。

 

 また、同日開催で、県東地区科学研究作品展・発明工夫展も行われ、2日間で延べ1,299名が来場するイベントになりました。

 

 おもしろ理科先生を活用した講座では、「液体窒素でマイナス196度を体験」「秋の夜空を眺めよう」「化石鉱物の発掘体験」を実施しました。子どもたちは、実験や観察、体験を通して、理科・科学のおもしろさを体感しました。

 

 また、県内企業の協力を得た講座として、空を飛ぶ原理を学びながら、「ドローンの操縦体験」を行いました。

 

 さらに、地元の工業高校の協力をいただいた講座に、「LED工作教室」「UVレジンでアクセサリー作り」「ロボット体験ブース」を実施しました。高校生もボランティアとして積極的に関わり、子どもたちは、ものづくりの楽しさを味わいました。

 

 参加者からは、「とても楽しい体験でした。来年も参加したいです」「高校生がやさしく教えてくれたので、楽しく体験できました」「全部で4つの講座に参加しました。ますます理科が好きになりました」などの感想があり、大盛況の2日間でした。

 

   秋の夜空を観察する参加者たち

   ▲秋の夜空を観察する参加者たち

 

お問い合わせ

〒311-3824 茨城県行方市宇崎宇崎1389 茨城県鹿行生涯学習センター・茨城県女性プラザ

電話 0299-73-3877 FAX 0299-73-3925

E-mail lakeecho@lakeecho.gakusyu.ibk.ed.jp