茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立さしま少年自然の家「国立赤城青少年交流の家でステップアップキャンプ」

フォトニュース

県立さしま少年自然の家「国立赤城青少年交流の家でステップアップキャンプ」

 

 

地蔵岳登山
▲地蔵岳登山

 

地蔵岳山頂
▲地蔵岳山頂

 

トロッコ電車
▲トロッコ電車

 

キャンプファイヤー
▲キャンプファイヤー

 

令和元年10月3日掲載

 

 9月28日(土曜日)~29日(日曜日)、国立赤城青少年交流の家において、さしま少年自然の家の事業「ステップアップキャンプ」を実施しました。これは、小学4年生から6年生の児童を対象に、国立の青少年教育施設を利用してテント泊や赤城山(地蔵岳)登山等を行い、野外活動のステップアップと、さまざまな野外活動体験をとおして自主性、協調性、社会性や豊かな人間性を育むとともに生きる力の基礎を養うことがねらいです。今回は37名が参加しました。

 

  1日目は、バスで赤城山に行き地蔵岳登山口から山頂を目指しました。この日は曇り空でしたが、爽やかな山の空気に包まれ、参加者全員が無事登ることができました。山頂からは眼下に赤城山の大沼を望むこともできました。下山後は、国立赤城青少年交流の家に向かい、自分たちでたてたテントでゆっくり休みました。

 

 2日目は、バスで渡良瀬渓谷鉄道の大間々駅からトロッコ電車に乗り富弘美術館に行きました。車窓からはダイナミックな渓谷と赤や黄に色づきはじめた雄大な自然美を堪能しました。

 

 参加者からは、「地蔵岳の山登りは大変でしたが、頂上まで登り切ることができてとても気持ちよかったです」「テントでお友だちといろいろなお話をしたことが思い出です。新しいお友達ができてとても楽しいキャンプでした。できたら来年も参加したいです」などの声が聞かれました。

 

 今まで実施したキャンプ事業参加者がリーダーとして各班で活躍し、今までの成果が確認できました。

 

 さしま少年自然の家の活動の様子は、さしまのホームページでもご覧いただけます。

 

  富弘美術館の庭から

  ▲富弘美術館の庭から

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 さしま少年自然の家
連絡先 0280-86-6311

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp