茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立つくば工科高校「県立医療大学生によるピアエデュケーション」

フォトニュース

県立つくば工科高校「県立医療大学生によるピアエデュケーション」

 

 

性感染症の広がりを学びました
▲性感染症の広がりを学びました

 

一緒に話し合い
▲一緒に話し合い

 

説明の様子
▲説明の様子

 

令和元年9月24日掲載

 

 9月11日(水曜日)、つくば工科高校で、1年生を対象に、県立医療大学ピアサークルの学生を講師として招き、ピアエデュケーションを行いました。

 

 ピアエデュケーション(ピア)とは、仲間と一緒に正しい知識とスキル、行動を共有しあうことです。今回は、性別の「性」と生きる「生」について学びました。まず講師から「ピアエデュケーションを通して、自分自身で充実した人生をみつけ、それを実現しようとしていく力を育ててほしいと思います。」と話しがありました。その後「性感染症にかかってしまったら」「妊娠してしまったら」どうしたらよいのか、グループで話し合いました。性について考えると自分の人生や、生きることにもつながっていきます。「性を考えることは生きる方の生を考えること」という講師の話を真剣に聞いていました。

 

 性の多様性についても学びました。性的マイノリティといわれるLGBTですが、約9割の人がLGBTについて正しい知識を知らないままに大人になってしまうそうです。知らないままでいることで、人を傷つける事を言ってしまったり、自分の性について一人で考え込んでしまったりします。正しい知識をもってほしいと説明がありました。最後に、講師から、「性のあり方も個性の一つ。性別も含めたそれぞれの「個性」大切にして、お互いを尊重しあう関係を築いていってください」というまとめの話で本日のピアが締めくくられました。

 

 生徒からは「自分も相手も知らないうちに、あっという間に感染が広がっていくことが怖いと思った」「人それぞれの人生があるので、無駄にしないようにしたいと考えた」等の感想があげられていました。生徒と年齢の近い学生たちの話に真摯に耳を傾ける様子や、意見を活発に交換する姿もみられ、生徒たちはより身近な問題としてとらえてくれたようです。

内容に関するお問い合わせ
学校名 つくば工科高校
連絡先 029-836-1441

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp