茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立牛久高校「赤ちゃんふれあい体験」

フォトニュース

県立牛久高校「赤ちゃんふれあい体験」

 

 

妊娠・出産、育児について傾聴
▲妊娠・出産、育児について傾聴

 

初めての抱っこ体験
▲初めての抱っこ体験

 

抱っこする方も、される方も、お互い必死
▲抱っこする方も、される方も、お互い必死

 

令和元年9月18日掲載

 

 9月12日(木曜日)、13日(金曜日)の2日間にわたり、牛久高校の1年生全員が、「赤ちゃんふれあい体験」を行いました。これは、「家庭基礎」の授業の一環で、①赤ちゃんを間近で観察しふれあうことで、単元「子どもの発育・発達」についての理解を深めること②妊娠・出産を経験した母親の生の声を通して、新たな生命との出会いやその際の感動を知ること③将来の自己の家庭生活を具体的にイメージし、ライフデザインを形成すること等を目的にしています。この授業は、NPO法人「ままとーん」の協力により実施しており、今年で2年目になる取組です。

 

 生徒は、10数名ずつに分かれ、各グループにゲスト親子とスタッフが付きました。ゲストとの交流は、2セット(1セット当たり20分弱)行われました。交流は、大きく2部で構成されており、前半に「ゲストとのトークタイム」、後半に「赤ちゃんとのふれあいタイム」が設定されました。

 

 赤ちゃんふれあい体験に参加した生徒からは、「赤ちゃんの抱っこは、これまで経験が無く、コツを教わったものの難しく感じました」「ゲストの方のお話しから、妊娠出産がいかに大変なものであるかがわかり、出産直後の安堵感に共感できました」「ゲストの方が、この先1ヶ月後、2ヶ月後に子どもがどのように成長発達しているか楽しみであるとおしゃっていた言葉が印象に残りました。自分も子育てがイメージでき、楽しみになりました」などの声が聞かれました。

 

 牛久高校では、10月には、産婦人科医を講師に招き、生命の誕生等に関する学習会(2時間)を開催することも予定しており、高校生に未来の子育てを考える機会を提供しています。

 

  笑顔で抱っこすると、赤ちゃんが泣き止みました

  ▲笑顔で抱っこすると、赤ちゃんが泣き止みました

内容に関するお問い合わせ
学校名 牛久高校
連絡先 029-873-6220

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp