茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県西生涯学習センター「2日間で読書感想文を書き上げよう!」

フォトニュース

県西生涯学習センター「2日間で読書感想文を書き上げよう!」

 

 

1日目の様子
▲1日目の様子

 

親子への指導(1日目)
▲親子への指導(1日目)

 

2日目の様子
▲2日目の様子

 

親子への指導(2日目)
▲親子への指導(2日目)

 

令和元年9月5日掲載

 

 8月21日(水曜日)、22日(木曜日)、県西生涯学習センターで、「2日間で読書感想文を書き上げよう!」を実施しました。この事業は家庭教育力の向上と親子の交流を深めるため令和元年度初めて開催しました。

 

 当日は小学校1年生から6年生までの親子が計22組参加し、第1部と第2部に分かれて、講師の大竹稽氏の指導のもと課題図書の感想文を書き進めました。大竹稽氏は株式会社禅鯤館(ぜんこんかん)代表取締役で、産経子供ニュース編集顧問を務めておられます。

 

 1日目は本のあらすじや気付いたことについて親子で対話をしました。先生が「子どもは一流作家。親は聞き手(パートナー)である。日常会話の中から子どもたちと会話をして考えを引き出してほしい」とお話し、自分の気持ちや考えを話す子どもたちと、温かく耳を傾ける保護者の姿が印象的でした。

 

 2日目は自分の体験を振り返ったり「もし」という言葉を使って文書を書いたりと、想像力を膨らませながら、親子の対話を中心に感想文をまとめました。

 

 参加した子どもたちからは、「自信が持てるものが書けた」「家の人に読んでもらいたい」と、書き終えた作文を誰かに読んでもらいたいわくわくした気持ちで溢れる感想がありました。また保護者からは、「親子で楽しい時間を過ごすことができた」「丁寧に指導してもらえてよかった。また来年も参加したい」などの声を聞くことができました。

 

 先生からの「読書感想文は親子で楽しむもの。こういった機会を親子で対話を深める時間や子どもの気付きや考えを知るきっかけにしてほしい」との思いが伝わったものと考えられます。

 

 今後も親子で楽しく参加し、コミュニケーションが育まれる事業を提供してまいります。

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 県西生涯学習センター
連絡先 0296-24-1151

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp