茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立小瀬高校「パラオ共和国訪問について常陸大宮市長を表敬訪問」

フォトニュース

県立小瀬高校「パラオ共和国訪問について常陸大宮市長を表敬訪問」

 

 

三次市長の話を聞く生徒たち
▲三次市長の話を聞く生徒たち

 

三次市長と記念写真
▲三次市長と記念写真

 

令和元年8月22日掲載

 

 8月5日(月曜日)、小瀬高校の生徒3人が、外務省の海外交流事業のパラオ訪問について、常陸大宮市役所を訪れ、三次真一郎市長に抱負などを語りました。

 

 パラオ訪問は対日理解促進交流プログラムとして、日本と同国が外交関係樹立25周年を記念して実施します。2020年東京五輪・パラリンピックで、同国のホストタウンとなる常陸大宮市と宮城県蔵王町、同国と提携を結ぶ三重県と兵庫県から高校生各3人の計12人が、14日から23日まで派遣されます。

 

 訪問したのは、英語が得意な3年の梶山璃奈さんと手塚麻衣さん、1年の安藤沙優里さんです。「日本や常陸大宮の文化や良さを伝えたい」「パラオの文化を学び、有意義に過ごしたい」「世界遺産の美しい海を見たい」などと意気込みを話しました。

 

 三次市長は、「パラオは、時差がなく親日の国です。多くの人に接して、多くの経験をして、交流を深めて欲しい」と期待を述べました。

 

 派遣団は「エコツーリズム・平和構築・歴史」をテーマに、日本の歴史や外交政策などを発信し、教育・研究機関関係者や高校生との意見交換、伝統芸能体験行事などに参加します。

内容に関するお問い合わせ
学校名 小瀬高校
連絡先 0295-56-2204

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp