茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立歴史館「よろい・かぶと体験」開催

フォトニュース

県立歴史館「よろい・かぶと体験」開催

 

 

3兄妹で凛々しい立ち姿
▲3兄妹で凛々しい立ち姿

 

刀を持って勇ましく
▲刀を持って勇ましく

 

令和元年8月13日掲載

 

 7月28日(日曜日)、県立歴史館で、「よろい・かぶと体験」を開催しました。現在開催中の体験企画「わくわく歴史体験!!」の関連イベントとして行い、参加者21名が重さや着心地を体験しました。

 

 県立歴史館は、一橋徳川家に伝わる紺糸威童具足(こんいとおどしわらべぐそく)、山本勘助、伊達政宗の体験用甲冑を所蔵しており、毎年5月5日の「こどもの日」などに合わせて年1~2回程度「よろい・かぶと体験」を実施しています。

 

 「わくわく歴史体験!!」では、「みて」「ふれて」「学べる」古墳時代の体験用甲冑や土器パズル、三昧塚古墳出土・金銅馬形飾付透彫冠のレプリカなどの体験用資料を用意しています。(※)

 

 参加者からは、「重くて動きづらい」「体験用とはいえ、あこがれの武将の甲冑を着用できてうれしかった」「親子3人で着用して、とても良い思い出になった」などの感想が聞かれました。

 

※開催期間は、7月13日(土曜日)から8月25日(日曜日)まで

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 県立歴史館
連絡先 029-225-4425

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp