茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立牛久高校「部活動体験(野球)でメディカルチェック」

フォトニュース

県立牛久高校「部活動体験(野球)でメディカルチェック」

 

 

ケガを予防するトレーニングを体験中
▲ケガを予防するトレーニングを体験中

 

一人一人の肩周りの可動域について測定
▲一人一人の肩周りの可動域について測定

 

理学療法士を目指す大学生による肩の筋力測定
▲理学療法士を目指す大学生による肩の筋力測定

 

令和元年8月8日掲載

 

 7月25日(木曜日)、26日(金曜日)、牛久高校で、部活動体験会(17の部・同好会が対象)を開催し、300名を超える中学生の参加がありました。そのうち硬式野球部では、部員と一緒の練習を体験した後、中学生を対象としたメディカルチェックを実施しました。これは、平成30年に引き続き2年目の取組です。

 

 メディカルチェックは、2日間にわたり、つくば国際大学保健学部理学療法学科の教員や学生4名の協力を得て、全身の筋力や筋の太さ、関節可動域等を測定しました。このメディカルチェックで得られた数値から「今後6ヶ月以内に肩肘の投球障害を発症する確率」を算出し、後日、中学校を通してフィードバックする予定です。

 

 参加した中学生にとっては、日頃それほど関心を向けていなかった自分の身体について深く知る機会となったようで、骨格や筋肉などの身体のつくりや、筋力アップや筋肉のケアに必要な栄養等の話等を食い入るように聞いていました。

 

 参加した中学生からは、「ストレッチの仕方や、ケガ予防のためのトレーニング法が参考になりました」「一つ一つの練習の前に目的がわかりやすく説明されたので、練習に熱が入りました」「硬式球を初めて投げましたが、慣れてくると投げやすかったです」などの感想が寄せられました。

 

 メディカルチェックを手伝った部員の中には、理学療法士を目指している生徒も数名おり、手際よく測定していく大学生の手伝いを通して、志望する気持ちを強くしていました。また、メディカルチェックを担当した大学生たちは、中学生運動選手を測定する貴重な現場実習の機会ととらえ、熱心に取り組んでいました。

 

 なお、牛久高校硬式野球部では、つくば国際大学によるメディカルチェックを年間4回実施するとともに、栄養講習会、アイシング講習会等、科学的な知見もふんだんに取り入れた指導に取り組んでいます。

内容に関するお問い合わせ
学校名 牛久高校
連絡先 029-873-6220

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp