茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第71回茨城県学校農業クラブ連盟大会

フォトニュース

第71回茨城県学校農業クラブ連盟大会

 

 

プロジェクト発表会
▲プロジェクト発表会

 

意見発表会
▲意見発表会

 

農業鑑定競技会
▲農業鑑定競技会

 

平板測量競技会
▲平板測量競技会

 

式典
▲式典

 

令和元年7月29日掲載

 

 7月23日(火曜日)、農業を学習している高校9校から約400名の生徒が参加して、第71回茨城県学校農業クラブ連盟大会が盛大に開催されました。

 

 この大会は、茨城県の学校農業クラブ員(農業を学習する生徒)が一堂に会し、日頃の学習の成果を発表することによって農業学習の発展を図るとともに、クラブ員相互の交流を図ることを目的として、毎年7月下旬に開催されています。

 

 令和元年度は、午前中に、真壁高校でプロジェクト発表会、意見発表会、農業鑑定競技会、平板測量競技会が、午後から大和ふれあいセンタ-シトラスで式典が行われました。また、別日程で、家畜審査競技会、農業情報処理競技会が行われました。

 

 式典では、茨城県学校農業クラブ連盟会長(真壁高校農業科3年)の本橋スラキットさんから「農業者の高齢化が進む中、スマート農業の実用化が期待されています。農業を学ぶ仲間意識を大切にして、茨城県の農業の未来を考えていきましょう」とあいさつがありました。また、大会審査長の県立農業大学校の糸賀秀徳校長から「本日は、大会スローガンのもと、みなさんが心を一つにして大会を成功に導き、大きな成果を上げることができました。農業クラブ活動を通して、農業クラブの目標である科学性、社会性、指導性を磨いて、高校生活を充実させてください」と激励の言葉をいただきました。

 

 今回、最優秀に輝いた生徒は、茨城県代表として、8月に神奈川県で開催される関東大会(プロジェクト発表会、意見発表会)、10月に山形県などで開催される全国大会(農業鑑定競技会、平板測量競技会)での活躍が期待されています。また、発表会や競技会へ出場した生徒だけでなく、準備や運営などを担当した生徒が、大会を陰で支えてくれたことも、大会の成功につながりました。

 

 生徒のみなさんには、これからも農業の学習を通して、感謝の気持ちと謙虚な態度を育み、将来の茨城を担う心豊かな人間に成長されることを期待しています。

 

  表彰

  ▲表彰

 

  最優秀に輝いた生徒

  ▲最優秀に輝いた生徒

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp