茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立大洗高校「弁護士出前授業『法教育講座』」

フォトニュース

県立大洗高校「弁護士出前授業『法教育講座』」

 

 

黒澤弁護士の授業の様子
▲黒澤弁護士の授業の様子

 

野村弁護士の授業の様子
▲野村弁護士の授業の様子

 

渡部弁護士の授業の様子
▲渡部弁護士の授業の様子

 

黒澤弁護士の質問に答える生徒
▲黒澤弁護士の質問に答える生徒

 

令和元年7月29日掲載

 

 7月18日(木曜日)、大洗高校で、弁護士出前授業「法教育講座」を実施しました。

 

 成年年齢の18歳引き下げによる影響を受ける2年生64名を対象に、黒澤悠基弁護士、野村貴広弁護士、渡部俊介弁護士を講師に招き、「自立した大人になるために考えてみよう、法律・契約のこと」と題し、SNSや売買契約に係る内容についての出前授業を行いました。

 

 出前授業では、具体的な事例を基に説明していただき、「契約のときは、契約書や借用書など、証拠を残すようにしよう」「インターネット、SNSを利用する上での注意点として、情報の発信先や売買サイトの販売元に実績や根拠があるか、確認することを心がけよう」「犯罪に巻き込まれ社会的な信用を失わないためにも交友関係に気をつけたり、定職について収入を得よう」など、心から生徒に語りかけていただきました。最後に、まとめとして「考えて行動する癖をつけよう!自分でトラブルを予防・解決できる自立した大人になろう!」と話していただきました。

 

 生徒からは「弁護士の先生方は遠い存在だと思っていたが、話し易く身近な存在に感じた」「荷物を受け取るだけで簡単に高額なアルバイト料がもらえるなどとの誘いに乗って、受け子で検挙された高校生の話は他人事ではない」などの感想を聞くことができました。

 

 出前授業終了後には、学年の教員との意見交換会にも3名の弁護士の方に参加していただき、授業の感想や生徒へのアドバイスなどをいただきました。

 

 高校生を取り巻く環境が大きく変化する中、社会で必要となる知識や法についての理解を深めることができ、生徒や教員にとって大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 大洗高校
連絡先 029-267-6666

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp