茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 潮来市立牛堀中学校「家庭教育講演会」開催

フォトニュース

潮来市立牛堀中学校「家庭教育講演会」開催

 

 

1日の身体のサイクル
▲1日の身体のサイクル

 

旬の食材で作られたメニュー
▲旬の食材で作られたメニュー

 

クイズによるまとめ
▲クイズによるまとめ

 

参加した保護者の様子
▲参加した保護者の様子

 

令和元年7月25日掲載

 

 7月12日(金曜日)、県生涯学習課事業「学校・家庭・地域連携支援事業」のモデル校である潮来市立牛堀中学校で、潮来市教育委員会と鹿行教育事務所の参加のもと、「家庭教育講演会」を開催しました。

 

 牛堀中学校は、学校・家庭・地域が連携・協働し、地域全体で生徒を育成しようと、様々な活動を推進しています。

 

 今回は、PTA学校保健委員会が「食育講演会」を主催しました。野菜ソムリエプロの田野島万由子(たのしままゆこ)氏を講師に迎え、全校生徒と希望の保護者が「食で集中力UPできる!メンタルフードを学ぼう」と題した講演に耳を傾けました。

 

 田野島氏によれば、「『食』は体調や睡眠の質、集中力や運動のパフォーマンス、ストレス等に大きく影響する。朝はカラダを目覚めさせるのに大切な時間!よい排泄を促すためには、飲み物で済まさず固形物を食べよう。昼はエネルギーになるものをたくさん食べよう!高タンパク質、エネルギーの高いものはお昼に摂ろう。夜はカラダのリセットをする時間!お肌のためには夜更かし禁止!どんなに栄養があるものを摂っていても良い睡眠が無ければ効果的に吸収・活用されない。中でも、朝ごはんが一番大事。しっかり身体を目覚めさせることが一日のパフォーマンスの良し悪しにつながる」とのことです。そして、中学生にも作れる「集中力をUPさせる毎日のごはん」の例が、いくつもスライドで紹介されました。

 

 最後に、中学生に向けて、「潮来・茨城の旬の野菜をたっぷり食べて、勉強にも運動にも強い身体をつくろう!」とメッセージを送り、講演を終えました。

 

 田野島氏自身の体験談を聞いたり、クイズで「食」の効果について学んだりすることを通して、生徒は日頃の食生活を振り返り、今後に生かそうとする意欲を高めたようです。代表生徒が「食の大切さが分かりました。身近な食材を有効に活用し、家族の応援も受けながら、受験勉強に励みたいと思います」とお礼の言葉を述べました。

 

 終了後、何人もの保護者が校長室を訪れ、講師を囲んで、子どもの食事について気になること(栄養バランス、食事時間、味噌汁の具について等)から、部活動や家庭学習など、多くの話題に触れてお話しされていました。

 

お問い合わせ

鹿行教育事務所

〒311-1517 茨城県鉾田市鉾田1367-3 県鉾田合同庁舎[3階]

電話 0291-33-6134(代表)  FAX 0291-33-2447 E-mail rokyo@pref.ibaraki.lg.jp

   0291-33-6137(人事課)

   0291-33-6138(学校教育課)

   0291-33-6139(生徒指導班)

   0291-33-6140(社会教育担当)

   0291-33-6317(生徒指導相談室)