茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立水戸農業高校「小学生の田植え体験を受け入れ」

フォトニュース

県立水戸農業高校「小学生の田植え体験を受け入れ」

 

 

泥の感触にびっくり
▲泥の感触にびっくり

 

一斉に苗を植えます
▲一斉に苗を植えます

 

倒れないように真剣に取り組みます
▲倒れないように真剣に取り組みます

 

代表児童からお礼の挨拶がありました
▲代表児童からお礼の挨拶がありました

 

令和元年6月18日掲載

 

 6月14日(金曜日)、水戸農業高校で、那珂市立五台小学校の5年生64名が田植え体験を行いました。

 

 この行事は、小学生に田植え体験を通して日本の主食である米の作り方を学び、自然環境や命の大切さについて考えてもらうとともに、指導をする高校生に子どもたちと触れ合うことで豊かな人間性を育でもらうことを目的として行いました。

 

 苗の持ち方や植える際のポイントの説明があり、いよいよ田植えが始まります。子どもたちは田んぼの中に足を踏み入れると、「足が抜けないよ!」「泥がぐにゅぐにゅする」と慣れない感触に戸惑っている様子でした。

 

 高校生から苗を受け取り、等間隔に印のついたロープを目印に一斉に植えていきます。植えたら一歩下がり、足跡を平らにならします。子どもたちは苗が倒れないように、苗の列が曲がらないようにと真剣に取り組んでいました。

 

 最後に代表児童から、「1本の苗からお米が約100粒もとれて、3本の苗でお茶碗1膳分のお米が収穫できることに驚きました。また、今日のような作業を高校生のみなさんは毎日行っていてすごいと思いました」とお礼の挨拶がありました。今後は田んぼを度々訪れ、稲の成長を観察していきます。

 

 小学生の指導は、農業科3年生の有志が担当しました。作業を終えた生徒からは、「田植えが好きで毎年参加しています。小学生の指導はその年ごとに個性があって楽しいです」と感想がありました。

 

  最後の仕上げ

  ▲最後の仕上げ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp