茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立土浦特別支援学校「不審者侵入に対する避難訓練」

フォトニュース

県立土浦特別支援学校「不審者侵入に対する避難訓練」

 

 

不審者対応の振り返り(ビデオ視聴)
▲不審者対応の振り返り(ビデオ視聴)

 

警察署員より「いかのおすし」の話
▲警察署員より「いかのおすし」の話

 

児童に質問する様子
▲児童に質問する様子

 

模擬訓練「腕をつかまれたらどうする?」
▲模擬訓練「腕をつかまれたらどうする?」

 

令和元年6月17日掲載

 

 5月29日(水曜日)、土浦特別支援学校で、全校児童生徒を対象とした「不審者侵入に対する避難訓練」を行いました。この訓練では、講師に土浦警察署員、スクールサポーター、土浦地区セーフティ・マイタウン・チームの方計12名を招きました。

 

 最初に中学部の教室に不審者が侵入したという想定で訓練が始まりました。不審者の侵入を知らせる放送が流れると、不審者に対応する職員は、さすまたを持ち現場に急行し、不審者を確保しました。その後、放送の指示で、全児童生徒は教職員と共に、落ち着いて体育館に避難しました。

 

 その後、体育館で、教室での不審者侵入に対する職員たちの対応の様子などをビデオで振り返り、講師から講評をいただきました。

 また、土浦警察署の方から生徒たちへ「いかのおすし(行かない、乗らない、大声で叫ぶ、すぐ逃げる、知らせる)」について分かりやすくお話をいただき、児童も関心をもって質問に答えていました。

 

 その後、中学部・高等部生徒を対象に不審者に出会ったときにどうするか模擬訓練を行いました。道路を歩くときは前を向いて歩くこと、不審な人が近づいてきたら逃げること、また、腕やバッグをつかまれたときにどうやって逃げるかなど、実践をまじえて具体的に教えていただきました。生徒からは「訓練は緊張したけれど、どうすればよいか分かった」などの感想が聞かれ、自分の身は自分で守ることの大切さも実感できました。

 

 不審者についてのニュースがたびたび聞かれる昨今、児童生徒も職員も真剣に参加し実のある訓練となりました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 土浦特別支援学校
連絡先 029-824-5549

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo2@pref.ibaraki.lg.jp