茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立牛久高校「巨大『線織面』アート制作」

フォトニュース

県立牛久高校「巨大『線織面』アート制作」

 

 

虹をイメージした線織面(東方向から撮影)
▲虹をイメージした線織面(東方向から撮影)

 

虹をイメージした線織面(南西方向から撮影)
▲虹をイメージした線織面(南西方向から撮影)

 

線織面の裏側(上方から撮影)
▲線織面の裏側(上方から撮影)

 

令和元年6月13日掲載

 

 6月6日(木曜日)、牛久高校で、紫輝祭(テーマ「華」)のメイン会場となる体育館を「線織面(せんしょくめん・せんしきめん)」(直線の集合体で曲線を表現したもの)で装飾しました。これは、牛久高校美術科教員がデザインを担当し、生徒有志で力を合わせて作り上げたものです。

 

 線織面のデザインに際しては、在籍する717名の生徒一人一人が唯一無二の大切な存在であり、切磋琢磨しながら同じ空間で同じ時間を過ごすことに思いをはせ、各自の学校生活やこれからの人生を華やかなものにしてほしいとの願いから、多様性や共存の象徴とされる虹をモチーフにしました。

 

 実際の装飾作業では、詳細な設計図をもとに、文化祭実行委員と3つの運動部有志合わせて約20名が5時間がかりで制作を行いました。8色のポリエチレン製テープ(幅50mm)を用い、テープの一方を体育館2階の柵にしっかりと固定した後、テープ面が裏返らないよう、また弛みが生じないよう気を付けながら、一本一本丁寧にピンと張る作業を繰り返していきました。

 

 制作に参加した生徒は、「作業内容が複雑で試行錯誤の連続でした。しかし、終わってみると、学年や部活の枠を越えた混合チームでの長時間の作業をやり遂げることができ、充実感や達成感が得られました」と話していました。また、完成した体育館装飾を目にした生徒からは、「体育館に足を踏み入れた瞬間に、空間上部に張り巡らされたテープ装飾の美しさに圧倒されました」という声が聞かれました。一般公開にあわせて来校した卒業生からは、「文化祭のレベルが在籍当時に比べ格段に進化しており、とても驚きました。また機会があれば足を運びたいと思います」との感想を寄せていただきました。

 

  実際に用いた設計図・指示書

  ▲実際に用いた設計図・指示書

内容に関するお問い合わせ
学校名 牛久高校
連絡先 029-873-6220

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp