茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立日立第一高校・附属中学校「科学講演会」

フォトニュース

県立日立第一高校・附属中学校「科学講演会」

 

 

講師の平本和夫先生
▲講師の平本和夫先生

 

講演の様子
▲講演の様子

 

質問をする生徒1
▲質問をする生徒1

 

質問をする生徒2
▲質問をする生徒2

 

令和元年6月13日掲載

 

 6月5日(水曜日)、日立市民会館で、日立第一高校・附属中学校が主催する令和元年度「科学講演会」を開催しました。これは、自然科学分野への興味関心を高め、進路意識の高揚を図ることを目的として、実施したものです。

 

 日立第一高校は、平成19年度から文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定を受け、現在3期目として「科学的ディスカッションのできるリーダーを育成するための研究」に取り組んでいるところです。

 

 令和元年は、日立製作所研究開発グループ技術顧問の平本和夫氏を講師に迎え、「粒子線がん治療装置の普及に向けて~ゼロから30年間の製品開発~」と題してお話を伺いました。副作用の少ない粒子線でがん治療を行う装置の開発は、最初はシミュレーションの結果を学会で発表しても信じてもらえない状況でしたが、根気強く説明し続けた結果、現在では国内17施設で使用され、国内外で約35000人を治療するという実績をあげられたことなど、30年間の研究開発について資料を交え、熱心に語りかけました。

 

 生徒からは、「粒子線によるがん治療のメカニズムについて知りたい」という声や「研究の継続を支えたものは何か」など多くの質問が出され、興味関心が喚起された講演でした。平本先生からは、「皆さん、世界を変えてやろうと思って面白い興味の持てる分野を突き進んでください」という熱いメッセージをいただいて、講演が締めくくられました。

 

 最後に、平本先生の紫綬褒章受章をお祝いして、生徒から花束が贈られました。

 

  花束贈呈

  ▲花束贈呈

内容に関するお問い合わせ
学校名 日立第一高校
連絡先 0294-22-6488

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp