茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立つくば工科高校「ロボット体験コーナー」

フォトニュース

県立つくば工科高校「ロボット体験コーナー」

 

 

体験コーナーの様子
▲体験コーナーの様子

 

生徒が製作した搬送型ロボット
▲生徒が製作した搬送型ロボット

 

タブレットで操作する様子
▲タブレットで操作する様子

 

子供とふれあう様子
▲子供とふれあう様子

 

令和元年6月6日掲載

 

 6月1日(土曜日)、2日(日曜日)の2日間、つくば工科高校のロボット工学科がイオンモールつくばで開催された「茨城フェア」にロボット体験コーナーを出展しました。

 

 ロボットを動かす楽しさを知ってもらおうと、生徒たちが実習などで製作した搬送型ロボットを使用して、コースの中にあるお菓子を運ぶゲームを行いました。

 

 ロボットの操作はタブレット端末を使って行います。画面に表示されたボタンをタッチして、走らせたり、お菓子をすくい入れたりします。簡単な操作で思い通りに動くロボットは小さな子供だけではなく、大人でも十分楽しめます。

       
 この搬送型ロボットは、生徒たちが1年生から組立技能の基礎・基本を身につけるための教材として、少しずつ作り上げてきたものです。

                   
 コンピュータが搭載された基板のはんだ付け作業から始まり、車体の組立て作業、リフトの組立て、プログラミング実習を経て、ようやく動作します。1年生では、光センサによってライントレースする自動搬送ロボット、2年生になると搬送機能を加えた「仕事をするロボット」に改良され、3年生になるとタブレット端末やスマートフォンで操作できるように通信機能が追加されます。

 

 茨城フェアにちなんで、納豆味のスナック菓子を昨年の4倍となる1日400本用意しましたが、2日間とも途中でお菓子がなくなり、時間前に受付を終了しました。

 
 参加したロボット工学科2年の生徒たちは、「最初のうちは、小さな子供に操作方法を説明するのが難しかったけど、慣れてくるとうまく説明できるようになった」「膝をついて、目線の高さを同じにするといい」「自分たちで作ったロボットと聞いて、すごいと驚かれた」「専門的なことを聞かれて少し焦った」など様々な感想を話してくれました。

 

 この2日間を通して、いろいろな人と接することで、生徒たちは教室では得られないものを学ぶことができたようです。

  

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 つくば工科高校
連絡先 029-836-1441

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp