茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県埋蔵文化財センター「第1回わくわく体験教室」

フォトニュース

県埋蔵文化財センター「第1回わくわく体験教室」

 

 

牛伏4号墳の頂上で古墳の形について解説
▲牛伏4号墳の頂上で古墳の形について解説

 

牛伏4号墳後円部から古墳の地形を見学
▲牛伏4号墳後円部から古墳の地形を見学

 

牛伏2号墳、このあと須恵器の破片を発見
▲牛伏2号墳、このあと須恵器の破片を発見

 

令和元年5月23日掲載

 

 5月12日(日曜日)、県埋蔵文化財センター「いせきぴあ茨城」で、「第1回わくわく体験教室」を開催しました。これは、年間8回、日曜日に県内の小学生から成人を対象にしています。

 第1回目の「わくわく体験教室」は、「古墳たんけんをしよう」というテーマで、「くれふしの里古墳公園」(水戸市牛伏町)や「内原郷土史義勇軍資料館」(水戸市内原町)を会場に、小・中・高校生や大人をあわせて計24名が参加しました。

 

 当日は、好天に恵まれ、バスで移動しました。参加者は公園内の牛伏古墳群の4号墳、2号墳や17号墳を中心に見学し、講師の先生の説明や解説をメモを取りながら真剣に話を聞く姿が印象的でした。特に牛伏2号墳の見学では、須恵器の破片を発見し、「偶然見つけて、とてもうれしい」と喜んでいる子がいました。

 

 参加した子どもたちからは、「古墳って思っていたより大きいな」「どうやって土器や古墳を作ったのかな」「もっと他の遺跡をたくさん見てみたい」という声が聞かれました。また大人の方には、写真を撮り熱心に記録していた参加者も見られました。

 

 次回は6月9日(日曜日)、県埋蔵文化財センターで、「縄文土器をつくろう」というテーマで体験活動を実施する予定です。

 

 

   「内原郷土史義勇軍資料館」出土した土器の説明

   ▲「内原郷土史義勇軍資料館」出土した土器の説明

 

お問い合わせ

〒311-4325 茨城県東茨城郡城里町北方1481 茨城県埋蔵文化財センター

電話 029-289-3300  FAX 029-289-4545

E-mail isekipia@pref.ibaraki.lg.jp