茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立水戸高等特別支援学校「30km歩く会」

フォトニュース

県立水戸高等特別支援学校「30km歩く会」

 

 

歴史館の銀杏並木を歩きました
▲歴史館の銀杏並木を歩きました

 

クラスごとに笑顔でゴール
▲クラスごとに笑顔でゴール

 

令和元年5月23日掲載

 

 5月8日(水曜日)、水戸高等特別支援学校の生徒142名が「歩く会」に参加し、学校から偕楽園公園「四季の原」までの往復約30kmの道のりを完歩しました。

 

 歩く会は、「友情」「達成感」「体力」の3つをコンセプトに、毎年、年度初めのこの時期に実施しており、今回で8回目です。大洗方面(海コース)、涸沼方面(沼コース)、偕楽園方面(街中コース)の3コースを3年間かけて歩きます。

 

 街中コースの今回は、生徒会役員による「みんなで30km歩き切るぞ!」のかけ声の後、8時20分に学校を出発しました。6つの縦割りグループに分かれて隊列を組みながら、田植えが終わったばかりののどかな田園風景の中を歩き始めました。途中、2回の休憩をはさみ、目的地の偕楽園公園「四季の原」には12時15分ごろ到着しました。お昼休憩後、千波湖を1周し、学校への帰路につきました。

 

 初めて参加した1年生からは、「後半足が痛い時もクラスのみんなと話をすることで、最後まで歩くことができました。みんなで協力して歩ききったので、とてもうれしかったです」などの感想が聞かれました。

 

 生徒たちは約9時間をかけて17時40分ごろ、全員笑顔でゴールすることができました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 水戸高等特別支援学校
連絡先 029-269-6212

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo2@pref.ibaraki.lg.jp