茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立さしま少年自然の家「手ぶらでひよこキャンプ」

フォトニュース

県立さしま少年自然の家「手ぶらでひよこキャンプ」

 

 

テント設営を終えて
▲テント設営を終えて

 

野外炊飯
▲野外炊飯

 

キャンプファイヤー
▲キャンプファイヤー

 

講話の様子
▲講話の様子

 

令和元年5月9日掲載

 

 5月3日(金曜日)~4日(土曜日)、さしま少年自然の家で、「手ぶらでひよこキャンプ」を開催しました。

 

 親子や家族で手軽にできるテント泊、野外調理などでスキルを学び、キャンプの楽しさを体験していただいたほか、就学前の子どもを持つ親を対象とした家庭教育支援のプログラムを実施しました。これは、家庭教育支援の取組について発信とすることも目的としており、古河市、坂東市及び境町との共催で実施したものです。

 

 このキャンプには15家族60名が参加しました。

 

 テント設営では、初めてテントをたてる家族がほとんどでしたが、ボランティアの手を借りながら家族で協力し、スムーズに張ることができました。

 夕食の野外炊飯では、小さい子も野菜やパスタをゆでたり、家族全員で調理をする微笑ましい姿が見られました。

 夜は、参加者でキャンプファイヤーの炎を囲み楽しい一時を過ごしました。さしまの森の夜もふけると、それぞれのテントにランタンの灯がともりました。

 

  2日目は、保護者を対象に就学前・家庭教育支援プログラムとして、古河市教育委員会生涯学習課杉本牧人社会教育主事による子育てについての講話を行いました。心豊かなたくましい子どもを育んでいくために親としてどのように関わっていくことがよいのか、などの内容でした。

  
 参加者からは、「初めてのキャンプなので少し不安がありましたが天気にも恵まれ楽しく過ごせました。杉本先生の子育ての話はとても参考になりました」「家族みんなでテントに泊まれてうれしかったです。バーベキューもおいしくできました。また、キャンプをしたいです」などの感想がありました。

 

 大型連休の最中に開催されたこのキャンプは、両日ともに五月晴れのさわやかな日差しに包まれて一家団らんの楽しい2日間になりました。

 

 さしま少年自然の家の活動の様子は、さしま少年自然の家のホームページでもご覧いただけます。

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 さしま少年自然の家
連絡先 0280-86-6311

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp