茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 生涯学習, 家庭・地域教育 > 家庭・地域教育 > 子育てアドバイスブックひよこ・子育てアドバイスブッククローバー・家庭教育ブックつばさ

子育てアドバイスブックひよこ・子育てアドバイスブッククローバー・家庭教育ブックつばさ

 茨城県教育委員会では、乳幼児期からの家庭教育や就学前教育の充実を図ることは生涯にわたる人格形成の基礎を培う上で大変重要であるととらえ、保護者向けのアドバイスブックとして、子どもの年齢に合わせた家庭教育支援資料を作成・配布しています。ぜひ、ご活用ください。

子育てアドバイスブックひよこ

ひよこ・表紙ひよこ・目次ひよこ・内容

 

子育てアドバイスブックひよこ(0~5歳の子をもつ保護者向け)【PDF:26.7MB】

家庭教育ブックひよこ 実践プログラム集Ⅰ【PDF:2.3MB】

家庭教育ブックひよこ 実践プログラム集Ⅰ[資料編]【PDF:2.4MB】

家庭教育ブックひよこ 実践プログラム集Ⅱ【PDF:3.3MB】

家庭教育ブックひよこ 実践プログラム集Ⅱ[資料編]【PDF:918KB】

 

Q&A

Q 「子育てアドバイスブックひよこ」って?

A 乳幼児期(0~5歳)の子をもつ保護者向けの家庭教育支援資料です。

 

Q 誰に配られるの?

A 0歳のお子さんをもつ保護者には母子手帳交付時や乳児全戸訪問時等で、3歳のお子さんをもつ保護者には3歳児健診の機会で配布します。

 

Q いつ活用するの?

A 公民館や保育所、幼稚園、認定こども園で開催される家庭教育学級等で、アドバイスブックとして活用していただきます。

 

Q どんな内容が載っているの?

A 子育てのヒントや子どもの成長の記録を書き込める欄、詳しい情報が得られる外部サイトにアクセスできるQRコード等を掲載しています。

 主な内容

  • 乳幼児期の特徴
  • あいさつと返事のお手本は大人です
  • 元気のもとは早寝早起き朝ごはんです
  • 読み聞かせは心を豊かにします
  • メディアの視聴はルールをつくって
  • いろいろな体験活動が大切です
  • 自己肯定感を育むために

「家庭教育ブックひよこ」の活用について(841の保育所、幼稚園、認定こども園を対象としたアンケート結果、平成30年度)

1 「家庭教育ブックひよこ」を活用しましたか

  アンケート結果1

 

2 どのような時に「家庭教育ブックひよこ」を活用しましたか(複数回答)

 アンケート結果2

 

3 「家庭教育ブックひよこ」のどの項目を活用しましたか(複数回答)

 アンケート結果3

 

子育てアドバイスブッククローバー

子育てアドバイスブッククローバー表紙目次内容

子育てアドバイスブッククローバー(就学前~小学4年生の子をもつ保護者向け)【PDF:20.1MB】

 

Q 「子育てアドバイスブッククローバー」って?
A 就学前から小学4年生の子をもつ保護者向けの家庭教育支援資料です。

 

Q 誰に配られるの?
A 小学校に入学するお子さんをもつ保護者に就学時健康診断や入学説明会等の機会で配布します。

 

Q いつ活用するの?
A 就学時健康診断や入学説明会時に開催される子育て学習講座や家庭教育学級等で、
アドバイスブックとして活用していただきます。また、小学校で実施する研修会や懇談会等でも活用していただきます。

 

Q 内容は?
A 子どもを小学校に入学させる際に、保護者が不安に感じることについてのQ&Aや、より詳しい情報が得られる外部サイトにアクセスできるQRコード等を掲載しています。

 

4つの大きな柱

  • 子どもの成長の中で
  • 豊かな心を育む
  • 親としての喜び
  • 社会との関わり

「家庭教育ブック」の活用について(44の市町村を対象としたアンケート結果、平成30年度)

活用率 100%

どのような時に「家庭教育ブック」を活用しましたか(複数回答)

 アンケート結果1

550箇所 参加総人数 26,447人

 


家庭教育ブックつばさ

つばさ・表紙

家庭教育ブックつばさ(小学4~6年生の子をもつ保護者向け)【PDF:9.9MB】

 

Q 「家庭教育ブックつばさ」って?
A 小学4~6年生の子をもつ保護者向けの家庭教育支援資料です。

 

Q いつ活用するの?
A 家庭教育学級等・研修会でアドバイスブックとして活用していただきます。家庭に
おいて、お子さんとの話題に取り上げるなど、活用していただくことができます。

  その他にも小学校で実施する懇談会等で活用していただくことができます。

 

Q どのように活用するの?
A PDFデータをダウンロードし、全体または必要なページを印刷して活用していただけます。

 

Q 内容は?
A  心身ともに発達が顕著になる小学4年生頃から、日々の生活の中で起こりうる具体的な
事例をイラスト・補足説明で分かりやすく掲載しています。

 

6つの事例を取り上げました。

  • 問題行動
  • 容姿・健康
  • 異性への関心
  • スマートフォン・携帯電話・インターネット
  • 家庭学習
  • 交友関係

「家庭教育ブックつばさ」の活用について(489の公立小学校を対象としたアンケート結果、平成30年度)

活用率100%

1 どのような時に「家庭教育ブックつばさ」を活用しましたか(複数回答)

 アンケート結果2

 

2 「家庭教育ブックつばさ」のどの項目を活用しましたか(複数回答)

 アンケート結果3

 


ダウンロード

関連リンク

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 

茨城県教育庁 総務企画部生涯学習課 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎22階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5339

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp