茨城県広域スポーツセンター 総合型地域スポーツクラブをつくるには?
メニュー
総合型地域スポーツクラブとは?
総合型地域スポーツクラブの紹介
総合型地域スポーツクラブQ&A
総合型地域スポーツクラブをつくるには?


広域スポーツセンターとは?
ご意見/ご質問
お知らせ


スポーツ医・科学情報
各種団体/連盟 連絡先
リーダーバンク
スポーツ施設の紹介
リンク集
Page Topics
総合型地域スポーツクラブをつくるまでのステップ
STEP1
地域のスポーツ環境の状況把握
STEP2
地域及び既存スポーツ団体への理解の促進
STEP3
設立準備委員会の結成
STEP4
創設に向けた具体的な活動
STEP5
クラブの創設
クラブ創設フローチャート
総合型地域スポーツクラブに求められる要件
トップページ

総合型地域スポーツクラブを
つくるには?

STEP4
STEP4 創設に向けた具体的な活動
 設立準備委員会を、運営委員会等のクラブを運営していくための組織に発展させ、クラブ創設後の円滑な運営を目指して具体的な準備を進めていきましょう。
クラブを運営していくメンバー構成
 設立準備委員会のメンバーやスポーツ関係者に加えて、一般の住民の方々に公募をかけ、クラブづくりに情熱をもつ優秀な仲間を広く集めましょう。 そして、総合型地域スポーツクラブの創設とその先にあるクラブ運営を見据えて、運営委員会を組織化しましょう。
クラブの枠組みの決定
■創設趣意書の作成
創設趣意書は、クラブの創設理念・目的を外部に対して表明する最も重要な文書です。
■クラブ規約の作成
クラブ規約は、組織を運営する基本となります。 総合型地域スポーツクラブは規約に則って、公明正大に運営される必要があります。 規約は以下のような内容で構成されます。

 ・総則(クラブの名称と所在地)
 ・目的
 ・事業
 ・会員(資格・手続き・会費など)
 ・役員及び事務局(役職・選出方法・任期・任務など)
 ・会議(総会や運営委員会などの運営組織とその役割)
 ・会計規約の改定(会計年度・会計の原則・資金の管理など)
 ・クラブの解散
 ・付則(施行日など)


STEP4 創設に向けた具体的な活動
運営組織の役割分担
 運営組織はクラブの執行機関であり、実際に業務を行う機関です。 必要に応じて総務や広報、企画や財務、指導者、研修などの専門部会を設置し組織化しましょう。
■例) NPO法人 かしまスポーツクラブ組織図(NPO認証以前)

活動拠点の確保
クラブの活動拠点とは、
 実際にスポーツなどの活動を行う学校体育施設や公共スポーツ施設などの【拠点施設】
 事務所やサロンの役割をもち、クラブ経営と交流の拠点となる【クラブハウス】
を意味します。

 スポーツ施設に関しては、すでに既存のスポーツ団体が利用しており、関係者間における利用調整が必ず必要になります。 またクラブハウスに関しては、下に示すようにさまざまな役割が期待されます。 安価で適当な施設を確保するのは非常に難しいですが、行政や学校などとのねばり強い交渉と連携によって学校の余裕教室や公共スポーツ施設の確保を目指しましょう。
■クラブハウスの役割
1. クラブ運営の拠点・窓口
2. 会員(地域住民)の社交・交流の場
3. クラブのシンボル
4. クラブの情報の発信・集約

学校余裕教室利用例 成岩スポーツクラブ
■クラブハウス具体例

 ・学校の余裕教室
 ・公共施設の一部を改装
 ・商店街空き店舗
 ・寄付や善意による整備
 ・totoによる整備 等


公共施設利用例 かしまスポーツクラブ

スポーツ指導者の確保と組織化
 総合型地域スポーツクラブには、多様なスポーツニーズが存在し、その運営には多くのスポーツ指導者が必要です。 スポーツ指導者の確保には、「スポーツ関係団体の協力を得ること」「地域の人材を発掘・育成すること」が重要です。

 市町村や体育協会等によるリーダーバンクを活用するとともに、地域にねむっているスポーツ指導者から協力を得るために、パンフレットの配付や説明会の開催を通じてクラブの理念を伝え、賛同を得ていきましょう。

 また、クラブとして、指導者の資質を高めるためにさまざまな研修の機会を用意したり、種目や世代を超えて指導者が意見を交換し合える組織を設けたりして、指導者の資質の向上を図りましょう。

事業の決定と事業計画案・予算案の策定
 創設後の【クラブの事業】を決定しましょう。
 事業を決定するには、指導者や拠点施設、用具、住民のニーズなどさまざまな要因を考慮する必要があります。 また、クラブの将来像が大きく影響します。例えば、種目数を決める際に、高度な一貫指導を将来像にもつクラブであるなら、指導者が充実した種目に絞り込むなどの対応が求められます。

 クラブが行う事業としては以下の様なものが一般的ですが、クラブごとに地域性や人材を生かした特色ある事業を目指してください。
■スポーツ事業
施設開放 スポーツ教室 スポーツ大会 スポーツサークル 発表会 他

■スポーツ以外の事業
パーティ 体力・健康相談 講演会 文化活動(絵画や俳句サークル) 他
 また、次の点を良く検討してください。
クラブ理念 事業期間
種目(数) 指導者
対象者
(多世代/世代別)
住民のニーズ
活動日 地域性
(海や山や川などの地勢、プロや実業団のチームがあるなど)

 クラブ創設後、理念を共有した活動ができるように、【事業計画案】を策定します。

 さらに、事業計画の裏付けとなる【予算案】を作成し、会費を含めた資金の調達、資金の使途について算定することになります。 特に、総合型地域スポーツクラブの運営は、基本的に地域住民(会員)が運営の財源を会費として負担し、自主的、主体的に行うものです。 会費の額をどのように設定するかは、クラブが会員にどのようなサービスを提供するか(クラブ創設の理念・目的)と表裏一体です。 十分な議論を重ね関係者の合意を得ておくことが重要です。


会員の募集
 【会員募集】については、実際の募集・宣伝活動とともに、入会申込書・会員証等の作成や入会者のデータ管理などの問題を検討する必要があります。

 会員の募集方法としては、広報誌への記事の掲載リーフレット等の作成と自治会の回覧板等を利用した配付、地域スポーツ施設や公民館、学校などでの留め置きなどが一般的です。 また、地域に根付いたミニコミ誌などのメディアの利用や関係者による「口コミ」も効果的な手段となりますし、クラブ創設に先立ってイベントを開催したり、地域のお祭りなどにブースを出すことなども考えられます。

 会員募集に当たっては、クラブの目的、事業、会員資格、会費、組織や事務局、連絡先、入会手続きの方法などを分かりやすく伝えることが必要です。


 STEP5
クラブの創設

茨城県広域スポーツセンター  〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978-6  TEL.029-301-5361  FAX.029-301-5369