茨城県広域スポーツセンター 総合型地域スポーツクラブをつくるには?
メニュー
総合型地域スポーツクラブとは?
総合型地域スポーツクラブの紹介
総合型地域スポーツクラブQ&A
総合型地域スポーツクラブをつくるには?


広域スポーツセンターとは?
ご意見/ご質問
お知らせ


スポーツ医・科学情報
各種団体/連盟 連絡先
リーダーバンク
スポーツ施設の紹介
リンク集
Page Topics
総合型地域スポーツクラブをつくるまでのステップ
STEP1
地域のスポーツ環境の状況把握
STEP2
地域及び既存スポーツ団体への理解の促進
STEP3
設立準備委員会の結成
STEP4
創設に向けた具体的な活動
STEP5
クラブの創設
クラブ創設フローチャート
総合型地域スポーツクラブに求められる要件
トップページ

総合型地域スポーツクラブを
つくるには?

STEP3
STEP3 設立準備委員会の結成
 3つ目のステップとして、総合型地域スポーツクラブ創設に向けた設立準備委員会を結成しましょう。

 設立準備委員会の基本的な役割は
クラブの目標や方針の検討 クラブの基本計画の策定
つまり、皆さんの総合型地域スポーツクラブの青写真を描くことです。

STEP3 設立準備委員会の結成
設立準備委員会の仕事
@ 地域ごとの地域スポーツ及び地域生活の課題の再確認・共有
A 自主研修会の開催と先進事例視察
B クラブの基本的な枠組みづくり
1. 設立理念の明確化
2. ゾーニングと活動拠点の検討(生活圏を基本として)
3. マスタープランの作成
C 事業・組織・施設・予算・指導者・会費についての概要の検討
※マスタープランとは

長期的・総合的な視点からの基本構想を意味します。
単にクラブをつくる事業計画ではなく、多くの住民がスポーツを楽しむ「クラブライフ」や「地域のスポーツ環境」のビジョンを含んだ計画を作成することが重要です。
メンバーを決めるに当たって
人選は各地域の実情に応じてさまざまだろうと思いますが、各団体等において役職をもっている人にこだわりすぎることなく、 多くの実働的な人たちから理解と協力を得ることが重要です。
設立準備委員会のメンバー構成(例)
スポーツ推進委員
体育協会代表
スポーツ少年団代表(指導者)
体育関係地区代表
学校代表者・部活動顧問
PTA代表
公民館代表
自治会代表
子ども会・老人会・婦人会代表
既存地域スポーツクラブ代表者
一般公募による住民
行政担当者(オブザーバーとして)等

※オブザーバーとは

会議で発言権はあるが議決権のない人のこと。

「地域を設定する」という考え方
 これまでの地域スポーツは市町村全域を対象に事業が展開されてきました。 しかし、これでは気軽にスポーツを親しめない人が多く存在してしまいます(下図の白い部分)。

 これからの地域スポーツは、市町村域を日常生活圏ごとに区分し、それぞれの地域において住民主体でスポーツが行われることが望ましいでしょう。 このことにより多くの地域住民がスポーツを気軽に楽しめます。

 総合型地域スポーツクラブはこの日常生活圏を基盤とするスポーツクラブです。 そのため、クラブは自らの活動の基盤となる「地域を設定すること」=ゾーニングが求められます。
従来の地域スポーツは市町村域が基盤 これからの地域スポーツは市町村内のそれぞれの日常生活圏が基盤


 STEP4
創設に向けた具体的な活動

茨城県広域スポーツセンター  〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978-6  TEL.029-301-5361  FAX.029-301-5369