茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 高校教育・中高一貫教育 > 魅力ある学校づくり(再編整備等) > 県立高等学校の再編整備 > 平成24年度実施対象校の概要 > フレックススクール(昼夜開講の定時制単位制高等学校) 茎崎高等学校

第2次県立高等学校再編整備の前期実施計画に係る平成24年度実施対象校の概要について

フレックススクール(昼夜開講の定時制単位制高等学校) 茎崎高等学校

平成23年8月26日掲載

再編の内容 フレックススクール(昼夜開講の定時制単位制高等学校)
対象校 茎崎高等学校
位置 つくば市茎崎447-8
改編内容
※ 数字は募集学級数(予定)
全日制課程(普通科3)
 →定時制課程(普通科4)
 ※ 三部制(午前の部2、午後の部1、夜間の部1)の単位制とする。
課程:学科
定時制:普通科(単位制)
学期制 2学期制
改編のねらい
  • 不登校経験者や中途退学者など多様な生活歴や学習歴をもった生徒に応え、生徒一人一人の自己理解、自己実現を促す。
  • 自分のライフスタイルに合わせて学ぶ時間帯を選ぶことや、多彩な科目群から学びたい科目を選ぶことにより、主体的な学習を促す。
  • 生徒と社会人が共に学び、多様な人間関係を作るとともに、心のふれあいを大切にした指導により生徒の豊かな人間性を培う。
改編の主な内容
  • 昼夜開講の三部制単位制に改編 
    出願時に、午前の部、午後の部、夜間の部から、在籍する部を選ぶ。在籍する部以外の科目を履修することもでき、また、就業体験、ボランティア活動、技能検定の結果や高等学校卒業程度認定試験の合格科目等の学校外における学修による単位認定も可とすることにより、三年での卒業も可能となる。
  • 多彩な科目を開設
    自分の興味・関心、進路希望等に応じて、大学進学に対応する普通科目や、芸術・生活関連の体験型の科目を選び、自分で時間割を作成して学ぶことができる。また、単位制を生かした国語、数学、英語を中心とした習熟度別の少人数授業などにより、基礎学力の定着を図る。
  • 地域に開かれた学校づくり
    体験型の科目において、社会人講師等の指導の下で社会人聴講生(科目履修生)とともに学ぶことを通じて、自己を表現し、人間関係を構築する力を育む。また、在り方生き方の探求を促すため、地域での就業体験、ボランティア活動を奨励し、単位として認定する。
  • 学校カウンセリング体制の充実
    筑波大学の支援の下で、カウンセリングコーディネーター(教員)やキャンパスエイド(筑波大学大学院心理学専攻大学院生)による相談をほぼ毎日受けることができる。また、必修科目「ライフスキルを高めるための心理学」において、豊かな生き方やコミュニケーションづくりについて学ぶ。これら心の触れ合いを大切にした指導により、生徒が居場所を見つけ、学習意欲を向上させる一助とする。

 

 印刷はこちらから【PDF:15KB】

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話  029-301-5251(入試担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo2@pref.ibaraki.lg.jp