茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

ハイスクールガイド 茨城県高校案内

高校生活の意義

人によって多少の個人差はありますが、自我に目覚め、人格が形成されていくのが、中学生から高校生にかけての時期です。この時期にみなさんは、自分のことや家族、友だちとの関係などについて考え、人間として自分はどうあるべきなのか、どう生きるべきなのかについて思い悩み、あるべき理想像を描き、その中に自分を生かそうとします。だからこそ、時として、理想と現実のギャップの大きさに悩み、親や先生に反発したり、挫折感を抱いたりするのです。
高校は、まさに、みなさんが、人間としての在り方生き方を考え模索する時期を過ごすところであるといえます。みなさんが、先生や友だちとの出会いを通して、高校時代にはぐくんだ人間としての在り方生き方についての基本姿勢が、みなさんのその後の生き方を大きく方向付けしていくことになります。
少し難しく言うと、高校とは、社会の在り方や自分の将来の生き方についてみなさんが考え、判断し、行動できる場であり、その中で、みなさん自身が人生観や価値観を築いていくところです。

 

高校生活

高校教育は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、普通教育及び専門教育を行うことを目的としています。高校生活の中心となるものは、教科の学習であることは言うまでもありません。学習する内容は中学校よりさらに難しくなり、専門的な教科もあるので、自分の興味・関心や適性などについて普段からよく考えておくとともに、予習、復習など自主的に学習する態度を身に付けておくことが必要です。
また、部活動に参加して、友だちとともに青春を燃焼させることも素晴らしいことです。授業の中では得られない感動や貴重な体験を、部活動を通して得ることができるからです。
高校では、中学校までとは違い、広い地域からの新しい友だちとの胸おどる出会いがあり、みなさんの交友関係は、人数の点でも範囲の面でも大きく広がっていきます。そしてまた、新しい先生との出会いがあります。それらの新たな出会いを通して、みなさんは、自分を磨き、かけがえのない自分を発見していくことになります。
勉学や部活動に励みながら、また、新しい友だちとの出会い、友だちとの語らいを通して、自分が将来何をしたいのか、どう生きるべきなのかなどについて考えを深め、人生の基本的な姿勢と方向を確立していくために、高校生活は、みなさんにとって極めて重要な意義を持っています。
みなさんの将来の人生をより豊かなものにするためにも、ぜひ、はっきりした目的意識を持って高校に進学し、充実した学校生活を送ってほしいと思います。

 

高校生の進路

各学科と卒業後の進路

 各学科と卒業後の進路をみてみましょう。

 

普通科

普通科目の履修に重点をおき幅広く勉強をしているため、大学、短大などへ進学する人の多くは、ここで学んでいます。専修学校へ進学する人や就職する人もかなりいて、この科の卒業生の4割弱程度になります。
また、普通科の中に、体育、音楽、情報・実務、ヒューマンサービス、スポーツ科学のコースを設置している高校もあります。

 

農業に関する学科

農業、園芸、畜産、農業土木、造園、食品化学、森林科学、生活科学、農業経済、環境緑地、食品技術、流通情報などの科があり、大型機械やバイオ技術を使ったり、環境へのやさしさを考えたりして、作物・草花を育てています。また、測量士補や、造園技能士などの資格を取得することができます。
卒業後は、農業経営を行う人、農業関連産業などに就職する人がいます。また、大学、短大、専修学校などへ進学する人もいます。

 

工業に関する学科
機械、ロボット工学、電気、電子、電気電子、工業化学、電子機械、情報技術、建築、土木、建設工学、機械・エネルギー科、建築技術、情報電子、工業化学・情報、総合工学などの科があり、電気工事士試験、危険物取扱者試験、電気主任技術者や建築施工管理技術検定、情報処理技術者試験などの資格を取得する人がいます。
卒業後は、それぞれの科で学んだ技術を生かして、就職したり、工業系大学や専修学校などへ進学しています。

 

商業に関する学科
商業、流通ビジネス、情報処理、情報ビジネス、国際ビジネス、会計ビジネス、起業ビジネスなどの科があり、簿記、情報処理、ワープロ、秘書などの資格を取得することができます。
卒業後は、その技能を生かして、販売サービスや事務関係の職場へ就職したり、経済や商学系の大学や短大、専修学校などへ進学しています。

 

水産に関する学科
水産業のみならず、広く海洋に関する技術を学び、小型船舶操縦士、潜水士、スキューバダイビング、海技士などの資格取得を目指します。

 

家庭に関する学科
家政、人間文化、生活デザイン、人間科学の科があり、衣食住、保育、家庭看護や介護について、実習を伴った専門的な学習をしています。卒業後は、全県的にみると、大学、短大、専修学校などへ進学する人と就職する人がほぼ半々です。

 

看護に関する学科
5年一貫看護師養成教育を行う学校にあっては、看護師の国家試験受験資格が取得できます。専攻科卒業後、保健師や助産師の養成所や短大専攻科へ進学して、保健師や助産師の資格取得を目指す人がいます。

 

福祉に関する学科
介護職員初任者研修の修了認定や介護福祉士の国家試験受験資格が取得できます。卒業後は、福祉系の大学や短大、専修学校などへ進学したり、福祉施設に就職するなどして、学んだ知識や技術が生かせます。

 

理数に関する学科
ほとんどの人が大学へ進学しています。理工系の大学への進学に適するカリキュラムになっています。

 

音楽に関する学科
音楽系の大学などへ進学し、中学校・高校の音楽教師や音楽教室などの指導者として活躍しています。

 

美術に関する学科
一般科目のほか、美術や映像メディア等に関する専門科目を学びます。芸術系大学などへの進学や映像メディアの分野で活躍できる人材の育成を目指します。

 

国際関係に関する学科
一般科目のほか、国際理解教育や外国語に関する専門科目を学び、国際社会に生きる人間として必要な資質を養います。
 卒業後はグローバル社会で活躍できる人材を育成する大学などへの進学を目指します。

 

総合学科
普通科目と専門科目の多様な選択科目群(系列)の中から興味、関心、進路希望等に応じて科目を選択し、幅広く学ぶことができます。
卒業後は、系列等で学んだ内容を踏まえて進学や就職をしています。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp