茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 健康や体力を育む教育 > 食育・学校給食 > つくろう料理コンテスト

つくろう料理コンテスト

 つくろう料理コンテストは、児童生徒が、地場産物を活用した栄養バランスのとれた朝食メニューを考え、調理することで、食への関心を高めていくことを目的に開催してきましたが、今年度は、新型コロナ感染症拡大防止のため中止となりました。

 朝ご飯を毎日食べることは、健康的な生活を送り、気持ちのよい一日を過ごすためにとても大切です。そこで、茨城県産農産物を使った簡単朝食メニュー動画を掲載しました。

 

動画テーマ

「茨城県産農産物を使用した簡単朝食メニュー」

 

動画の主な内容

茨城県産農産物を使用した簡単な朝食メニュー(3品)

※それぞれ茨城県の産出額が全国1位から3位の農産物(平成30年)を使用した、簡単で誰もが作りやすいメニューとなっています。

 

【掲載メニュー】(カッコ内は、使用した主な茨城県産農産物)

  1. れんこんのすり流し汁(れんこん 全国1位)
  2. 白菜丼(白菜 全国2位)
  3. さつまいもの簡単デザート(さつまいも 全国1位)

動画協力者

 緒方湊(おがたみなと) 横浜市在中 中学1年生

  • 2017年3月「野菜ソムリエ」の資格を8歳で取得、2018年7月に「野菜ソムリエプロ」の資格を10歳で取得。2019年4月より「いばらき大使」を務め、茨城県産農産物のPRを行っている。豊富な知識を存分に発揮し、テレビ出演やセミナー講師など、多方面で活躍中。
  • 緒方湊(おがたみなと)

【緒方湊さんのコメント】

  • 喋りながら、料理をするのは難しかったです。茨城には生産量ナンバーワンの野菜がとても多く、野菜王国!!色々な料理が楽しめて羨ましいです。
    最近は、朝ごはんを食べずに学校に行く人もいるようですが、脳を働かせる為には朝ごはんをしっかり食べることが必要なので、毎朝しっかり朝ごはんを食べる習慣を続けてほしいです。

 今回紹介したメニューは、野菜の素材を生かした簡単メニューです。ぜひ各ご家庭でご活用ください。また、緒方さんのメニューにみなさんのお家の近くでとれた野菜を加えるなどのアレンジをして、オリジナルのメニューに挑戦してもいいですね。

 毎日、朝ご飯を食べて、元気に過ごしましょう。

過去の履歴

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5356(学校給食担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai@pref.ibaraki.lg.jp